オ・ヨンソ側、悪質なネットユーザーに対し法的対応を予告…事務所がコメント(全文)

写真拡大

女優オ・ヨンソ側が悪質なネットユーザーに対して強硬な対応を予告した。

本日(15日)、オ・ヨンソの所属事務所IMAGINE ASIAは公式コメントを通じて「弊社は本日から、所属女優であるオ・ヨンソに対する一部のネットユーザーの無差別で悪質なコメントと、攻撃的な発言に対して積極的に法的対応する計画だ」と伝えた。

続いて「ここ数年間、オ・ヨンソに向けられた根拠のない虚偽事実の流布及び継続的なセクハラ、意図的に羞恥心と侮辱を感じさせる攻撃的な発言、悪質な誹謗及び掲示物などを確認し続け、程度を把握してきたが、女優本人が処罰を望まず法的対応は取らなかった」と明かした。

そして「それにも関わらず最近、その程度と量がこれ以上黙認することができないほどだと判断し、法務法人オルンハヌルを通じて強硬な法的措置を取ることに決定した」と強調した。

オ・ヨンソはSBS月火ドラマ「猟奇的な彼女」に出演している。

【公式コメント全文】

こんにちは、IMAGINE ASIAです。

弊社は本日から、所属女優であるオ・ヨンソに対する一部のネットユーザーの無差別で悪質なコメントと、攻撃的な発言に対して積極的に法的対応する計画です。

IMAGINE ASIAはここ数年間、オ・ヨンソに向けられた根拠のない虚偽事実の流布及び継続的なセクハラ、意図的に羞恥心と侮辱を感じさせる攻撃的な発言、悪質な誹謗及び掲示物などを確認し続け、程度を把握しながらキャプチャーと文書をファイル化して保存してきたが、女優本人が処罰を望まず、法的対応は取りませんでした。

それにも関わらず最近、その程度と量がこれ以上黙認することができないほどだと判断し、法務法人オルンハヌルを通じて強硬な法的措置を取ることに決定しました。

今後、どんな罪の意識もなく、虚偽事実の流布及び攻撃的な発言などを行う悪質なネットユーザーには、情報ネットワーク利用促進及び情報保護などに関する法律による「虚偽事実、敵視による名誉棄損行為及び侮辱行為」の嫌疑で、強硬に法的対応を取る方針です。

また善処のない捜査と民事上法的対応はもちろん、所属アーティストに追加的な被害が発生しないように、積極的に措置を取る予定です。

いつもIMAGINE ASIAと所属俳優に送ってくださる多くの関心と愛情に、良い作品と姿で恩返しします。

ありがとうございます。