フェデラー相手に金星をあげたトミー・ハース【写真:Getty Images】

写真拡大

メルセデス・カップ、元世界2位ハースがフェデラーを撃破「感情的になっている」

 男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ・シュツットガルト)は14日(日本時間15日)に行われ、クレーコートシーズンを全休し、満を持して復帰初戦を迎えた世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が2回戦でトミー・ハース(ドイツ)に6-2、6-7、4-6でまさかの逆転負け。2月の全豪オープン優勝したフェデラーの独壇場の芝で金星を挙げた39歳は「自分ですらショックを受けている」と大金星を信じられない様子だった。英公共放送「BBC」が報じている。

 フェデラーは古傷の左膝への負担を軽減するため、クレーコートシーズンの全休。優勝した4月のマイアミ・オープン以来、2か月ぶりの復帰戦の舞台は、圧倒的な強さを誇る芝のコートだった。

 第1セットをスムーズに取ったフェデラーだが、よもやの逆転負けを喫してしまった。

「芝でロジャーのような親しい友人と対戦できることはいつだって特別なんだ。感情的になっている。マッチポイントをしのいでから、より自由なプレーができた」

今季19勝1敗の圧倒的強さ誇るフェデラー撃破…ハース「自分ですらショック」

 記事によると、39歳の大ベテラン、ハースはこう語ったという。

 さらに、第2セットのタイブレークを競り勝ったことで勢いを掴んだといい、フェデラーとの直接対戦は17試合目でこれが4度目の勝利だったことを紹介している。

 フェデラーは今季、全豪オープン、BNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンで優勝。19勝1敗と圧倒的な強さを誇っていたが、得意の芝で不覚を取ってしまった。

 元世界ランキング2位、ハースもこの金星を信じられない様子で、「自分ですらショックを受けている」と語っていたという。