「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」のシステムイメージ

KDDI株式会社は14日、小田急電鉄株式会社からリリースされた公式スマホアプリ「小田急アプリ」に対し、IoTでトイレの空室状況を把握・管理できる「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」を提供開始すると発表した。

 

「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」は、トイレ (個室) の扉に開閉センサーを設置することで、空室状況を可視化したり、利用実態から清掃の効率化などを図れるトイレ管理サービス。

 

「小田急アプリ」用には、小田急線新宿駅の「西口地下改札外トイレ」「南口改札横トイレ」の2箇所に設置。男女トイレそれぞれの個室の数が表示され、現在の利用状況を「空」「満」のアイコンにすることで、空室状況がひと目でわかる。

空き状況表示イメージ

設置箇所は2箇所のトイレのみだが、試験的な意味合いがあると見られ、今後、利用状況によってはサービスの拡大が見込まれる。

 

発表資料

URL:http://news.kddi.com/kddi/business-topic/2017/06/2496.html

2017/06/15

 


▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売