2014年11月に実施された訓練の様子(海軍提供、資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍のチャン・ウク広報チーム長は15日の国防部の定例会見で、「独島は韓国の領土」としながら、この日始まった独島防衛訓練について「わが領土を守るための定例訓練で、当然すべきだと考える」と述べた。

 海軍は16日までの2日間、独島近海で、海兵隊や空軍、海洋警備当局と共に定例の独島防衛訓練を実施する。チャン氏によると、海軍の駆逐艦や哨戒艦など艦艇7隻、哨戒機やヘリコプターのほか、空軍や海上警備当局の戦力が参加する。例年並みの規模だという。
mgk1202@yna.co.kr