広島で5年のときを過ごした塩谷

写真拡大

 サンフレッチェ広島は15日、DF塩谷司がアルアイン(UAE)へ移籍すると正式発表した。すでに14日に塩谷はUAEで加入会見を行っている。

 クラブを通じて塩谷は「このたび、アル・アインへ移籍することになりました。今はチームが苦しい状況の中、移籍についてはたくさん迷いました。ただし、一人のサッカー選手として後悔しないように、成長できるようにと考え、決断しました」と報告。

 「サンフレッチェ広島での5年間は僕の宝物であり、誇りであり、最高の思い出です。チームは今の状況から抜け出せると信じていますし、これから先、サンフレッチェ広島はもっともっと強くなるチームだと思っています。僕はチームを離れてしまいますが、これからもサンフレッチェ広島のことは気にかけていますし、ずっと応援しています。5年間、本当にありがとうございました」と感謝を綴った。

プロフィールは以下のとおり

●塩谷司

(しおたに・つかさ)

■生年月日

1988年12月5日(28歳)

■出身地

徳島県

■身長/体重

182cm/78kg

■血液型

O型

■ポジション

DF

■サッカー歴

徳島商高-国士舘大-水戸-広島

■代表歴

2015年:日本代表(アジア杯)

2016年:リオ五輪日本代表(オーバーエイジ)

・日本代表

└国際Aマッチ 2試合出場0得点