夜の本気ダンス、真木よう子主演ドラマで主題歌を担当

写真拡大

 夜の本気ダンスの最新楽曲「TAKE MY HAND」が、7月13日からスタートするフジテレビ系全国ネット木曜22時ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌に決定した。

 夜の本気ダンスが、ドラマ主題歌に起用されるのは今回が初。フジテレビのプロデューサーである太田大氏が、夜の本気ダンスの楽曲の世界観がドラマのモチーフに非常にマッチしていると感銘を受け、ドラマのイメージや内容を伝えた上でメンバーに直接オファーをしたところバンド側も快諾し、楽曲制作に至った。メンバーの米田貴紀(Vo/G)は今回の抜擢について、「夜の本気ダンスの曲がドラマの主題歌としてお茶の間に流れる日が来るなんて、最高にワクワクしています。“TAKE MY HAND”はエッジを効かせた肉体的でダンサブルな一曲です。この曲と共に夜の本気ダンスは更にステップアップして僕達らしさを研ぎ澄ませていきます!」と意気込みを語っている。

 また、6月15日に最終回を迎えるドラマ『人は見た目が100パーセント』放送終了後にオンエアされる『セシルのもくろみ』のPRスポットで、「TAKE MY HAND」の一部が流れる予定だ。なお、ドラマ『セシルのもくろみ』は、真木よう子が主演を務め、吉瀬美智子、伊藤 歩、板谷由夏、長谷川京子らがキャストに名を連ねている。


◎番組情報
木曜劇場『セシルのもくろみ』
2017年7月13日スタート 
毎週木曜午後10時〜10時54分(初回は15分拡大)
フジテレビ系全国ネットで放送