画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●室屋選手が語った千葉大会の舞台裏

6月3日から4日にかけて開催された「レッドブル・エアレース2017千葉大会」。3年連続開催となった同大会で、日本の室屋義秀選手が2年連続優勝、また前回開催地のサンディエゴに続いて2大会連続優勝という「ダブル連覇」を果たした。

前回はエアレース観戦初心者の筆者が、千葉大会の劇的なドラマを観戦したレポートをお送りした。今回は、優勝決定後の記者会見とその後の室屋選手インタビュー、そしてこれからのレッドブル・エアレースについてお伝えしよう。

○地元で堂々表彰台へ!

3位となったマルティン・ソンカ選手(チェコ)は「表彰台に立てたのは嬉しいが、操縦桿を握っていた自分自身のミスで優勝を逃してしまった。ポイントでは室屋選手と並んでいるが、まだシーズンは始まったばかりで、自分をチャンピオンとは考えていない。まだまだ先は長いが、このポジションを保てるようがんばっていく」と語った。

また、2位のペトル・コプシュタイン選手(チェコ)は2017年からレッドブル・エアレースのマスタークラスに参戦した新人。初の表彰台に「チェコの先輩・ソンカ選手、そして室屋選手と一緒に立てたことを光栄に思っています」と語った。

そして優勝した室屋選手。「チーム、家族、スポンサー、レースのオーガナイザー、皆さんに感謝を申し上げたい。9万人のファンが来て下さることはプレッシャーでもあったが、その応援を追い風と取るかどうかは自分次第。後押ししてくれるととらえることでうまく作用したと思う」と、日本での2年連続優勝に感謝を述べた。そして年間チャンピオンへの抱負を聞かれると「これまで3戦、残り5戦でまだどうなるかはわからない。全部勝てるとは思わないが、ファイナル4にきちんと残っていけば自然にポイントは溜まるので、ポイントのことは考えずにコンスタントに良いレースをしていきたい」と、応援への感謝と今後のレースへの抱負を語った。

○「後で見たら、手に汗握る展開だった」 - 室屋選手が振り返った千葉大会

大会から2日経った6月6日。銀座のブライトリング・スタジオで室屋選手がインタビューに答えてくれた。ブライトリングも室屋選手を支援するスポンサーの1つだ。

競技中は自分のフライトをチェックするのに忙しく、勝敗は知っていても展開はわからないままだったという室屋選手。

「最終的に1位になって表彰されたけど、いまいち分かってないんです、実は。月曜の朝に放送を見返したら、おっ、これは手に汗握る凄い展開だなと思いました(笑)。今回はミラクルな展開がいっぱいあって、例えばラウンド・オブ・14は0.007秒差、ラウンド・オブ・8は自分のペナルティの後、マット・ホール選手もペナルティ。ファイナル4ではペナルティがなければ(マティアス・ドルダラー選手とマルティン・ソンカ選手が)タイムでは上回っていた。それが何で起きたのかはわからないけれど、自分の実力だけでなく運に勝たせてもらったという感じはしましたね」

千葉大会に間に合わなかった「ウィングレット」

「サンディエゴでは狙ったタイムでピシッと飛んで、予定通り引き離していく感じだったが、千葉ではそういう状態ではなかった。じゃあどうやって戦っていくか。今回みたいなスポッティングな(小さな)ターンが多くて、全体に速度が低くてGがかかるような場合だと、やっぱりウィングレット(主翼端に取り付けられる小さな翼)がある方がどうしてもちょっと速い」と室屋選手は語る。

ウィングレットは、最大10Gという急旋回のときに抵抗を減らす役割があるが、直線ではむしろ抵抗になる。室屋機はウィングレットが未装備で、直線での抵抗減に有利なレイクド・ウィング・チップを装着している。5月に福島で千葉大会への意気込みを聞いた際、ウィングレットについて「今開発中なので、千葉大会で取り付けられていなかったら、間に合わなかったのだと思ってください」とも語っていた。

戦っているのはパイロットだけではなく、機体の改良や整備をするチーム全体だ。そんな中で、パイロットは勝敗をチームのせいにすることはない。大会までに用意できた機体で最善を尽くすのがパイロットの仕事だ。

●長く険しい年間チャンピオンへの途

一発勝負に出たい気持ちをコントロール

そんなコンディションでも、サンディエゴと変わらず「同じように飛ぶ」と語っていた室屋選手。どういう心構えなのか問うと、「いつ聞かれても今年のレースプランなので同じ答えになるんですけど、まったく同じということではなく、大きく変化させずに少しずつ改良し、タイムを詰めていく。ここ一発、突っ込んでいけばタイムを上げられるところはたくさんあるけれど、一か八かの確率でパイロンヒットするようなことはやらないということですね。昨年の優勝のあと勝てなかったのは、ここ一発タイムを出したいとか、つい遊んでしまうような方向に突っ走って楽しんでしまった。それを制御して克服するというのが大きな目標です」という答えをいただいた。

ラウンド・オブ・14では、ノーペナルティながら55.590秒のフライトで結果としてペトル・コプシュタイン選手と0.007秒差の接戦を演じた室屋選手。

「もうちょっと速いかなと思ってたんですけどね、僅差じゃなくて0.3、4秒差のつもりで飛んでいたんですけど、風がちょっと違ってたのかも。結果としてはギリギリで、最初に無線で聞いたときわからなくてドキドキしましたよね。スクリーンが止まったんですよね? あ、0.00って出たんだ、ああそうか」と振り返る。

「もうちょっと速く」ギリギリの勝負で辛勝

接戦のコプシュタイン選手も敗者復活し、共に勝ち上がったラウンド・オブ・8で室屋選手は攻めのフライトに出た。

「マット(対戦相手のマット・ホール選手)のタイムを見て、ほんのちょっとペースを上げないと難しいかなと思ったんですね。風がゲート7へ押される方へ吹いてきて、そのぶん10mぐらいずれたのか思ったより近くなって、戻すのが間に合わなかった。あのままパイロンヒットがどうかというところだった」。この結果、室屋選手はゲート7までに機体を水平に戻せない「インコレクト・レベル」で2秒のペナルティを受けてしまうが、次に飛んだマット・ホール選手も2秒のペナルティを受けたため、差し引きゼロ。前回より0.6秒速い54.964秒でゴールした室屋選手が、55.295秒のホール選手を破った。

先が有利? 後が楽? 勝敗を分けたのは平常心とプレッシャー

そして進んだ決勝のファイナル4。サンディエゴに続いて最初に飛んだ室屋選手に対し、タイムで上回ったマティアス・ドルダラー選手とマルティン・ソンカ選手がペナルティを受け、室屋選手の優勝が決まった。後から飛ぶ選手にはプレッシャーが掛かるのだろうか。

「後から飛んだ方が有利だと思います。前のタイムを聞いているし、先に飛んだ人が3人ともパイロンヒットしてればペースを上げる必要もない。パイロンヒットしていればね。理論上はそうだけれど、精神的には何にもないところを飛んだ方がクリーンに飛べるというのは、今回とサンディエゴ戦を通じて、これもいいなと思っています。今回のファイナルぐらいのタイムでも充分にプレッシャーを掛けられていて、その中でペナルティが出た。自分があと1秒遅かったら、絶対ペナルティは出ていないと思いますね」。確かにファイナル4での室屋選手のタイムは55.288秒と、それまで54秒台を出してきたドルダラー選手やソンカ選手が破れないタイムではないし、実際に両選手ともファイナル4でも54秒台でゴールしている。しかし、そのタイムでないと勝てないプレッシャーが、室屋選手に勝利をもたらしたのだろう。

○そしてブダペストへ - 年間チャンピオンへの途

第2戦のサンディエゴ、第3戦の千葉で連覇を果たした室屋選手は、年間の獲得ポイントを30とし、第1戦のアブダビで優勝したソンカ選手と同点のトップに立った。

「また2週間ぐらいすると次の場所へ行って同じことを最初からやります。まだ5戦ありますんでね、まだ半分も来ていない。これからヨーロッパ勢と比べるとちょっと苦しくなって来ますので、これからが勝負。日本戦が終わると終わったみたいになっちゃいますが、引き続き声援いただきたいなと思います」。今後は7月にブダペスト(ハンガリー)とカザン(ロシア)、9月にポルト(ポルトガル)とラウジッツ(ドイツ)と、ヨーロッパでの戦いが続く。そして最終戦はアメリカのインディアナポリス。初の年間王者へ向けて、ヨーロッパ勢との戦いが始まるこれからが室屋選手の正念場かもしれない。