ジェニファー・ローレンス

写真拡大

『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞に輝き、『X-MEN:アポカリプス』や『パッセンジャー』など、話題作への出演が続く人気女優ジェニファー・ローレンスが航空機のトラブルに巻き込まれていたことがわかった。

米E!Newsが伝えた情報によると、ジェニファーを乗せたプライベートジェット機がケンタッキー州ルイビルを出発し31,000フィート(およそ9,500メートル)地点を飛行していた際にエンジンの1台が故障したのだという。パイロットはすぐに機体を緊急着陸させたがその途中でさらに別のエンジンも故障したようだ。2台のエンジンが故障したものの、ニューヨーク州バッファローに無事に着陸できたそう。

着陸時には緊急車両も配備されていたとのことだが、幸いなことに深刻な事態に発展することはなかったようだ。

ルイビルはジェニファーの生まれ故郷で、彼女は家族の元に帰っていたという。飛行機事故に巻き込まれてしまったジェニファーだが彼女自身は元気であると代理人がコメントしている。(海外ドラマNAVI)