写真展「宇宙から見たフランス」

2017年6月15日(木)から6月25日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペースにて、写真展「宇宙から見たフランス」が開催される。会場には、宇宙衛星から撮影されたフランス全土にわたる20カ所の美しい風景写真を展示。モン・サン=ミシェルやミヨー橋などの建築の美しさのほか、田舎や農村の素晴らしい遺跡にも焦点を当てた紹介が繰り広げられている。入場無料で、時間は11:00〜19:00(入場は閉場30分前まで)。横浜市では、6月15日(木)から7月15日(土)まで、フランス文化の祭典「横浜フランス月間2017」(主催:アンスティチュ・フランセ横浜)が展開される。さまざまなイベントの実施などで、街がフランス色に染まる1カ月。「宇宙から見たフランス」展もその企画の1つで、フランス観光開発機構とフランス国立宇宙研究センターのコラボレーションによって開催が実現した。今までにない視点からフランスの魅力を再発見する試みとなっている。会場に展示された写真では、フランスを象徴する街や遺跡、自然などを上空から見た景色を楽しむことが可能。普段さまざまなメディアで目にしたり、実際に現地で見たことがある様子ともまた趣が異なる光景を堪能できるユニークな企画だ。フランスの優れた衛星撮影技術を体感できるとともに、あらためてフランスの豊かな風景や壮大さ、風土との関わりなどが見えてくる。

写真展「宇宙から見たフランス」

■期間:
2017年6月15日(木)〜6月25日(日)

■開催場所:
横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
神奈川県横浜市中区新港1-1-1

■問い合わせ先:
アンスティチュ・フランセ横浜
tel. 045-201-1514
url. http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2017/
▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売