カメラを覗き込む今平 気負いも緊張もない様子(撮影:ALBA)

写真拡大

<全米オープン 事前情報◇14日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
昨年の「全英オープン」に続き2度目の海外メジャー出場となる今平周吾。大会前日の水曜日は、午前9時半にコースに到着。軽いショット練習後、ショートゲームをチェック。1時間半ほどで切り上げ、コースを後にした。
今平もビックリ。ヒザ上まであるラフから打ったけど…
予選落ちに終わった昨年の全英オープンでは「大会前日はフワフワしていましたが、メジャー二度目なので、それもなくなりました」と、気持ちの面でもリラックスしている。前日は、「近くのモールに行ってショッピングしました」と、切り替えもうまくいき、余裕を持って大一番に臨めそうだ。この日の練習後は、記者のカメラを手に取り、撮影のまねをするなど、全米の場を楽しんでいる。
「練習ラウンドも2ラウンドじっくりできましたし。いい感じに来ています。コースを出たら、もうゴルフのことは考えないようにしています」と、心の持ちようにも昨年の経験が生きている。先月日本ツアーで念願の初優勝も果たした今平にとって、もはやメジャーはただ緊張する場ではなくなった。
「コースも今までプレーしたことのない感じで、むしろ楽しみです」と、開幕を待ちわびる。伸び盛りで結果も残している今だからこそ、自信も出てきていると見てよさそうだ。日本勢最年少の今平は、初日はこれまた日本勢トップの早朝6時56分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

エリンヒルズを360度カメラで激撮!現地の臨場感を味わおう
松山英樹、錦織圭と再会へ!アイリッシュオープン後はウィンブルドン観戦予定
青木功が日本勢に金言「勝つのはアプローチ、パターの良い選手」
日本の賞金王いざティオフ!池田勇太、開幕前日も18ホールを精力的にチェック
【テンパリ編集K】メジャーチャンプは手も心も大きかった―はじめての全米OP第3回