ストラトローンチの「ロック」。全長117mもの長大な翼をもつ"世界最大の飛行機"である Image Credit: Stratolaunch Systems Corp.

写真拡大

 全長117mもの長大な翼をもつ”世界最大の飛行機”が、6月1日に米国カリフォルニア州にある空港でお披露目された。

 その名は「ロック」。この巨大な飛行機を飛ばすのは、ビル・ゲイツ氏とともにマイクロソフトを立ち上げたことで知られる、ポール・アレン氏が創業した「ストラトローンチ・システムズ」という企業である。

 世界最大の飛行機というと、これまではソ連・ウクライナのAn-225「ムリーヤ」がその記録をもっていた。最大で150トンもの物資を運べる能力を活かし、巨大な建設機械、発電所や工場などの資材をはじめ、災害対応でも活躍。東日本大震災のときには日本にも飛来し、支援物資を送り届けている。

 しかし、ロックはムリーヤとは違い、人や貨物を運ぶことを目的としていない。運ぶのはロケット、それも宇宙へ向けて運ぶのである。

◆世界最大の飛行機のひとつ

 ロックはその大きさもさることながら、「双胴機」と呼ばれる胴体が2つあるタイプの飛行機で、その変わった形でとりわけ人目を引く。その2つの胴体をつらぬくように長い主翼が走っており、真ん中で折れないかとちょっとばかり心配になるほどである。

 この主翼の端から端までは、実に117mもある。ムリーヤは88.4mなので、圧倒的な長さである。ちなみに歴史を振り返れば、かの実業家ハワード・ヒューズが開発したH-4「ハーキュリーズ」という飛行機が97.5mという記録をもっているが、ロックはこれすらも超える。

 もっとも全長は73mであり、ムリーヤの84mよりは短い。そのため厳密に言えば、世界最大の飛行機のひとつ、と呼ぶのが正しい。

 ロックの離陸時の質量は600トン近くにもなる。これだけ巨大で重い機体を持ち上げる以上はエンジンも強力なものが必要になるため、ジャンボジェット機などに使われているエンジンを6基も装備している。

◆運ぶのは「宇宙ロケット」

⇒【画像】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=142806

 これほど巨大な飛行機だが、運ぶのは乗客でも荷物でもなく、宇宙ロケットである。それもただ運ぶだけでなく、ロケットを空中発射させるための母機になる。

 ロケットはロックの主翼の真ん中付近に吊り下げられ、ロックとともに離陸。そして上空まで飛行し、ロケットを切り離す。ロケットはその直後にエンジンに点火して宇宙へ向けて駆け上がり、一方のロックは飛行場に着陸。整備や燃料の補給などを行い、次の飛行にそなえる。

 ロケットは、米国のロケットやミサイルの名門企業オービタルATKが製造している「ペガサス」というロケットを使う。ペガサスは小型のロケットで、約500kgの衛星を地球を回る軌道へ打ち上げられる能力をもつ。

 オービタルATKはすでに、自社で保有する中古の旅客機を使い、ペガサスで人工衛星を打ち上げるビジネスを行っており、これまでに43機のペガサスが打ち上げられている。

 ロックは機体が大きいため、1度に3機のペガサスを運んで発射することができる。この3機は、同じ軌道に乗せることも、あるいは1機ごとに機体の向きを変えるなどして、それぞれ異なる軌道に飛ばすこともできるという。

 現在のところ、今後しばらくは、ロックの最終組み立てや試験など、飛行機として完成させることを目指した開発が続く予定となっている。そして、2019年にロケットの試験打ち上げを行い、その後本格的な打ち上げに入りたいとしている。

⇒【画像】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=142814

◆空中発射ロケットの利点と欠点

 こうした空中発射ロケットは、通常の地上から発射する形態のロケットと比べ、いくつかの利点がある。

 たとえば地上に専用の発射台を造る必要がないため、建設費や運用費を抑えることができる。ロケットの打ち上げごとに発射台を整備する必要もないため、打ち上げの頻度も増やせる。まさに飛行機が空港から飛び立つように、宇宙へロケットを打ち上げることができる。