iPhone 8と同時に発表される「iPhone 7s Plus」はワイヤレス充電に対応する、という噂があります。これまでは情報源が怪しいこともありましたが、今回の情報源は信頼性がかなり高いと考えられています。

iPhone製造企業の最高幹部が言及

iPhoneの製造を請け負っているWistron社の最高経営責任者(CEO)Robert Hwang氏は、新型iPhoneでは防水仕様・ワイヤレス充電のテストを新たに行う必要がある、という趣旨の発言をしたと報じられています。

この発言が事実なら、今後発表されるiPhoneのどれかは防水仕様でワイヤレス充電に対応することになります。

ニュースサイト『Mac Rumors』は、Wistron社は5.5インチ画面を搭載したiPhoneの製造を請け負っており、したがってWistron社のCEOが言及した「新型iPhone」はiPhone 7s Plusの可能性が高い、と指摘しています。

ワイヤレス充電に対応する、という噂は以前からありましたが、iPhone 7s/7s Plusは対応しないといった噂も流れていました。
「iPhone 7s」を2017年に発表? 新色・形・性能の情報も(2016年12月)

iPhone 7s Plusのデザインの情報はこちら。
→ 「iPhone 7s Plus」の図面が流出
→ 「iPhone 7s」もボディにガラスを使用か

iPhone 7s Plusにはガラス製ボディが採用されるという噂もあり、iPhone 7sも同様です。ガラス製ボディはワイヤレス充電のために採用されるという説があることから、もしかするとiPhone 7sもワイヤレス充電対応かもしれません。

参考

Apple Supplier Confirms New iPhone Models Will Be ‘Waterproof’ With Wireless Charging - Mac Rumors