WWDC 17でAppleが公開した、iOSデバイス向けの拡張現実(AR)アプリ開発キットARKitを使って開発したアプリのデモ動画が公開されています。クオリティの高い映像に驚かされます。

ARKitのハイクオリティなデモ映像

先日のWWDC 17の基調講演では、ARKitのデモンストレーションとして、iPhoneの画面上でテーブルにコーヒーカップやランプを置く様子が紹介されました。
 
YouTubeチャンネルの8ninthsは、iPhoneの画面に映されたガスバーナーで穴を開けた壁の向こうに広がる熱帯雨林の映像を公開しています。
 

 

仮想現実(VR)制作スタジオの創業者であるコディー・ブラウン氏は、部屋に煙を立ち込めさせ、コミック作品Widowmakerのキャラクターの姿を映し出すデモンストレーション動画を公開しています。
 

開発者も感銘を受けたARKitの動作

ブラウン氏は、ARKitの優れた点として、従来のARソフトウェアで必要とされた、QRコードなどの対象物を必要とせずに動作する点を挙げています。同氏は、ARKitのリアルタイムなライティングに感銘を受けたそうで、「この技術の裏で、どれだけの計算と魔法が動いているのだろうと思う」と語っています。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、以前からARについて発言し、関心の高さを示していました。同社が大規模なAR技術の開発チームを構成していることも報じられています。
 
このほかにも、ARKitを用いて制作した映像がYouTubeに続々と公開されています。ARKitの発表から10日ほどで、これだけ多くの作品が発表されていることを考えると、これからどんなアプリが発表されるか、楽しみになりますね。

 
 
Source:Cult of Mac
(hato)