川島永嗣、日本代表でもうすぐ2位!到達確実の「記録」とは

写真拡大

所属クラブでなかなかプレー時間を与えられていなかったものの、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から高い評価を得ているGK川島永嗣。

3月のUAE戦に続き、13日(火)に行われたイラクとのワールドカップ予選でもゴールマウスを守った。

この日のイラク戦に出場したことで、川島の出場試合数は「76」に。

これは釜本邦茂と並び代表通算では19位タイとなるのだが、これをGKだけで見てみると…

1位:川口 能活
116試合(通算3位)

2位:楢崎 正剛
77試合(通算17位タイ)

3位:川島 永嗣
76試合(通算19位タイ)

なんと歴代3位!しかも、2位につける楢崎正剛の出場試合数にあと「1」と迫っているのだ。

2008年2月に行われた東アジアサッカー選手権の北朝鮮戦で代表デビューを飾った川島。

当時のチームには川口、楢崎の二大GKがいたことからなかなか出番を掴むことができなかったが、2010年ワールドカップ直前にチャンスを得ると、そのまま本大会でもプレー。その後は長く、日本代表の守護神としてチームを支えてきた。

これから日本代表はワールドカップ予選でオーストラリア、サウジアラビアと難しい相手を迎える。こうした試合には経験が求められるため、怪我がない限り川島の招集も確実だろう。

楢崎の記録を抜き、GKとしての出場試合数で2位になるのは時間の問題であるはずだ。