片思いって楽しいけど、やっぱり辛いですよね。好きな彼に好きになってもらって、さらには告白されるのが理想だけど、それは夢のまた夢……そう諦めてしまっている人はいませんか?


実は、きちんと順序を踏んで効果的な行動をすれば、彼の告白を引き出すことは簡単。これを読めば、どんな相手でもあなたに告白してくれるかも?

ステップ1. 相手の視界に入る


まず第一の目標は、彼の射程圏内に入ること。つまり、彼の視界に入らないことには何も始まりません。もともと彼の友達だったり、知り合いだったりするならいいのですが、彼から存在を認知されていない、あるいは連絡先すら知らないという場合は、何とかして連絡先を入手しましょう。グループラインだけでつながっている……なんて人は、個別に連絡をしてみてくださいね!

ポイント:気軽に連絡を取り合う仲になる!
ただ「同じ学校の人」「同じサークルの人」と思われているだけでは足りません。名前を覚えてもらって、気軽に連絡が取り合えるような仲になることを目標としてみて。

ステップ2. 自分が気があることを匂わせる

 
彼の視界に入ることができたら、次は彼の恋愛対象圏内に入りましょう。恋愛対象圏内に入るというと、「彼のタイプの女子にならないと無理なのでは?」思いがちですが、ここではまず自分が彼に気があることを匂わせるだけでOK。

ポイント:「もしかして……」で急接近!
たとえば、彼に頻繁に連絡をする、デートの約束をする、SNSに「恋してる」なんて匂わせるのもアリ。彼から「もしかして、俺のこと……?」と思わせることができれば、彼の恋愛対象圏内に入ることができます。
また、直接「〇〇くんって、好きな人いるの?」と聞き、「いない」と言われれば大げさに喜んで見せる……なども手ですね。男子は”自分のことを好きな女子”というのは、少なからず気になってしまうものなのです。



ステップ3. 相手の役に立つ行動をしよう

 
次は、何でもいいので彼の役に立つことを目標としてみましょう。彼にお弁当を作ってくる、彼が好きなアーティストのチケットを取る(デートの口実にもなります)、もし彼が落ち込んでいるようなことがあれば、彼を励ましてあげるなど。彼をサポートできるような存在を目指しましょう♡

ポイント:付き合ったらこんなメリットがありそう……と思わせよう♡
大切なのは、「自分と付き合ったらこんなメリットがある」ということをアピールすることです。自分のできることは何か、得意なことは何か、よく考えて自然と彼が「彼女にしたい」と思えるように仕向けてみましょう♡

ステップ4. 二人きりになる

 
さらに彼の恋愛対象になるために、二人きりの時間を増やすことも必要。グループでしか会ったことのない彼なら、思い切ってデートに誘ってみましょう。前述したように、彼の好きなアーティストをリサーチしてライブイベントに誘う、彼が魚が好きなら水族館に誘うなど。彼の「行きたい」と思う場所を提案してみて!

ポイント:自分の行きたい場所より相手の気持ちを優先に
ここで、自分が行きたい場所ばかり提案するのはNG。彼はまだあなたのことが好きではない状態かもしれないので、乗り気になれない場所へ行くのは気が重くなってしまうでしょう。この段階では、彼は「あなたとどこかへ行きたい」ではなく「好きな場所に行きたい」という心情なのです。



ステップ5. 自分の弱みを見せる


何度か二人きりになる機会があったら、だいぶ彼との距離も縮まっているはず。徐々にあなたを、他の女友達とは違う「特別な存在」と思い始めているでしょう。そんな彼には、あなたの”弱み”を見せるといいかも。

ポイント:「守ってあげたい女子」になろう♡
たとえば、悩んでいることを相談するなどは簡単にできそうですね。他にも、お化け屋敷が苦手なら一緒に遊園地に行ってみる、高いところが苦手なら一緒にスカイツリーに登ってみるなども有効。困っている、怖がっているあなたを見て、彼は「守ってあげたい」と思えるはずです。ここまでくれば、彼の告白まではあと一歩です。

ステップ6. 軽く嫉妬させてみる


彼の、他の女友達とは違う存在になれたら、今度は彼に軽く嫉妬をさせてみましょう。別の男の子と遊んだ写真をSNSにあげる、学校や職場が一緒なら別の男子としゃべっているところを見せるなど。少し「えっ?」と思わせる程度でいいので、彼の気を引いてみて。
「〇〇さんに告白された……でも断ったよ!」などと、別の男性の存在を匂わせてみるのもいいかもしれません。

ポイント:やりすぎは厳禁!
ただ、あまりにも他の男子にベタベタしているようなところを見せるのはNG。軽い女だと思われ、彼から幻滅されてしまうかも。危険をともなうので、嫉妬させるのが難しい……という人は、無理にする必要はありません。

ステップ7. 再度好きを匂わせる


最後はとどめにもう一度、彼への気持ちをアピールしてみましょう。「話したいことがあるんだよね……やっぱなんでもない!」など、言いたいけど言えないということを大げさに伝えてみて。ここではもう、彼に「絶対自分のことを好きだ」と確信させることが大切です。

ポイント:しっかり気持ちを伝えて両想いを"確信"させよう
最近の男子は悲しいかな、自分が「絶対に付き合える」と思った女子にしか告白できない……という人が増えています。確かに自分からアプローチをする肉食男子も居ますが、肉食男子なら尚更、自分に気があるとわかったら狩りに行くのです。「好き」と伝えるギリギリのところまで伝えれば、あとは彼の告白を待つのみですよ!



番外編:もしそれでも告白がなかったら……?


これらのことを全て行っても、彼から全く告白される気配がなければ、彼は他に好きな人がいる可能性があります。ただ、他に好きな人がいてもその恋がうまくいくとは限りません。どうしても彼を落としたいのなら、根気よく彼を好きでいること。彼が好きな子を諦める、その日を待っていれば、彼は気がついたら一番近くにいるあなたの大切さに気が付くことでしょう。

正しい手順を踏めば、きっと恋はうまくいきます! 夏までに、彼の告白を絶対にゲットしちゃってくださいね♡
(彩香)