駐車スペースが518万香港ドルで売却された香港の高層住宅「アップトン」の駐車場入り口(2017年6月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】不動産価格が高騰する中国・香港(Hong Kong)で、駐車スペース1台分が518万香港ドル(約7300万円)という高値で売却された。地元紙は世界新記録と報じている。

 同市の土地登記簿によると、同駐車スペースは香港島(Hong Kong Island)西部の港に近い高級マンションの1階に位置する。地元英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)によると、面積は17.5平方メートルで、購入者は投資会社幹部の関偉明(Wai Ming Kwan)氏。同紙は駐車スペースについた値段としては世界新記録だと報じている。

 香港では最近、不動産価格の高騰が政治問題化している。賃貸料の上昇により廃業を強いられる小規模事業が出ている他、多くの住民にとって住宅の購入も賃貸契約も困難となっている。政府も不動産価格の鎮静化策を次々と導入しているが、効果は上がっていない。

 香港の不動産価格は、裕福な中国本土の投資家や土地開発業者の資金流入によって商業用・居住用ともに上昇が加速化している。また、政府と開発業者の癒着により、手頃な価格の公共住宅建設が後回しになっているとの批判もあがっている。
【翻訳編集】AFPBB News