12年前の感動秘話。小笠原は、僚友・小野への感謝を忘れたことがないという。写真:佐野美樹

写真拡大 (全3枚)

 当ウェブサイトで連載中の『黄金は色褪せない』。1999年のナイジェリア・ワールドユースでファイナリストとなった黄金世代のメンバーたちは、アラフォーの年齢を迎えたいま、なにを想うのか。みずからの足跡を、どのように振り返るのか。一人ひとりを訪ね歩くインタビューシリーズだ。
 
 これまでに、小野伸二と遠藤保仁の波乱万丈記をお伝えした。6月16日金曜日にスタートする第3回では、小笠原満男のサッカー人生を紐解く。
 
 数多の金言とレアなエピソードを提供してくれた、鹿島アントラーズの闘将。ここではそのプロローグとして、とびきりの感動秘話を先出しでご紹介しよう。
 
 舞台は2005年。現在と同じく、ワールドカップ・アジア最終予選が佳境を迎えていた。敵地でのバーレーン戦を翌日に控えたジーコジャパン、首都マナーマでの名場面だ──。
 
――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
 
 恩師ジーコが監督に就任してから、小笠原満男は日本代表の中盤に欠かせない存在となっていく。ドイツ・ワールドカップまでの4年間、すべての試合や遠征に招集された。
 
 だがそれは、自問自答を続ける葛藤の日々でもあった。
 
「トルシエさんの頃に比べたら割と使ってもらえるようにはなった。でも、海外でやってる選手が帰ってくると出れない、いなければ出れるっていう構図。なんとか覆して自分のポジションを確立したいと思ってたけど、ヒデ(中田英寿)さん、(中村)俊輔さん、シンジ(小野伸二)、イナ(稲本潤一)の4人がいると、まあ出れなかったね。悔しさはあったよ」
 
 そんな中でも、ひとたびピッチに立てば、小笠原は印象深い働きを披露した。その最たるゲームが、2005年6月3日のドイツ・ワールドカップ最終予選、敵地でのバーレーン戦だ。圧巻のパフォーマンスを示し、鮮やかなミドルシュートを蹴り込んで1-0の快勝に貢献。3大会連続出場をグッと引き寄せる、貴重な3ポイント奪取だった。
 
 このバーレーン戦の前日、小笠原は生涯忘れることのない出来事に遭遇する。
 
「あの試合は、シンジが直前の練習で骨折して、俺に出番が回ってきただけ。急きょ出ることになったわけだけど、あの時のシンジの姿勢がいまでも忘れられない」

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち
 日本でのキリンカップで散々なパフォーマンスに終始し、ジーコジャパンへの風当たりは日増しに強くなっていた。
 
 チーム内にも不穏な空気が立ち込め、中東入りしてからもムードが高まってこない。そこで危機を察した主将の宮本恒靖が呼びかけ、選手だけで話し合いの場を設ける。上も下も関係なく大いに意見をぶつけ合った。
 
 大事な2連戦(バーレーン戦と北朝鮮戦)を前に、チームはなんとか一枚岩となれた。いわゆる「アブダビの夜」だ。
 
 その翌日だった。バーレーンに移動した直後の練習で、小野が右足の甲を骨折してしまう。2日後のバーレーン戦はおろか、長期離脱を懸念されるほどの怪我だった。
 
 ミツオは、よく覚えているという。
 
「シンジ自身、出れなくなってそうとう悔しかったと思う。それだけ大事な試合だったからね。でもさ、怪我した後なのに心配させまいと、食事の時とかでも、みんなの前でニコニコしてて……。その直後、俺が代わりに出るような雰囲気になって、声をかけてくれた。『頑張れよミツ、応援してるからな』って。このひと、本当にすげぇなと思った。ずっとシンジが出てて俺が出れなくて、多少なりとも悔しいとか思ってた自分が恥ずかしくなった。バーレーン戦は、シンジに頑張ってくれって言われたから、頑張っただけだよ。シンジの代わりを果たしただけ。自分の感情を抑えて笑顔で振る舞って、代わりに出るヤツに頑張れって……。感じるものはすごくあったし、いまでも忘れられない」
 
 鬼気迫るプレーで中盤を牽引し、決勝点も挙げる奮迅の働き。ゴールを決めた後には、めずらしく雄叫びを上げた。
 
 友に捧げる、会心の一撃だった。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)