中国では個人資産10億元(約170億円)のビリオネアが「1日1人」のペースで誕生している(写真はイメージ)


 これまで2回にわたり、「2016年度 中国ベンチャー市場の10大ニュース」をお伝えしてきた。

「配車アプリ(神州専車)の世界初上場」や、「物流企業(中通)のNASDAQ年間最大規模上場」から、「テンセントの13年で275倍の大躍進」「日本で破産した本間ゴルフの香港再上場」まで、中国ベンチャー市場の「躍動感」と「懐の深さ」を少しでも感じていただけたのではないだろうか。

(第1回)香港で上場、あの本間ゴルフが中国で復活していた
(第2回)宅配が爆発的成長の中国、2016年米国最大IPOも

 今回からは、いよいよ「中国ベンチャー市場を読み解く6つのキーワード」として、Legend Capital 朴パートナーが提起する6つの視点から、中国ベンチャー業界の活況の背景にある要因を、徹底解明していきたい。

 1つ目のキーワードとなる今回は、「(1)継続的なスーパースターの誕生」である。

中国ベンチャー市場を読み解く6つのキーワード
(出所: Legend Capitalとの討議よりDI作成)


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

中国ベンチャー市場を読み解く6つのキーワード
(1)継続的なスーパースターの誕生

・継続的なスーパースター企業の誕生
 〜1カ月に1つ誕生するユニコーン

 中国では、2000年代から毎年、企業価値10億ドル(約1100億円)以上のスタートアップ企業、いわゆるユニコーン企業が持続的に輩出されている。

 具体的には、2006年から2015年までの10年間に、136社ものユニコーン企業が誕生した(下のグラフ)。世界金融危機が中国にも波及した2008〜2009年と、O2Oバブルがアプリ企業の多産多死を招いたスマートフォーン黎明期の2013年には落ち込みを見せたものの、全体としては年平均10社超のペースだ。言い換えると、実に「1カ月に1社」ユニコーンが誕生していることになる。

 設立が2014年以降、すなわち、創業3年以内にユニコーン化した企業が50社(!)近く存在しているスピード感にも、驚かされる。

2006年〜2015年に誕生した中国のユニコーン企業136社(創業年別)
(出所: CBInsights、中国科技部「2016年中国ユニコーン企業発展報告」、Legend Capital提供資料よりDI分析)


 これらユニコーン136社の中で、大手に属さない独立系として創業されたものが100社(Exit済を除くと92社)あり、過半数を占める。一方で、バイドゥ、アリババ、テンセント、360、楽視(LeEco)といったネット系大手のスピンオフ創業・育成先からも36社が誕生し、特に直近1〜2年で急増傾向にあることは注目に値する。

(注) ユニコーン企業の本来の定義に従うと「未上場企業」のみが対象となるが、本記事では企業価値10億ドル以上の案件の誕生ペースを把握することを目的とし、「10億ドル以上でIPO/Exitされた案件」も可能な範囲で追加した(「IPO済」で記載している8社)。

 次に、グローバルでユニコーン企業数を比較してみよう。CBInsightsによると、合計193社のうち、アメリカ(103社)・中国(45社)・インド(9社)の3カ国だけで、実に80%以上に相当する157社を占めているとされる(下のグラフ)。

 これだけでも驚きだが、CBInsights(米ドル建て案件中心)が手薄な人民元建て案件も含めて中国を補正すると、前述の通り、独立系のみで92社、大手によるスピンオフ創業・育成案件まで含めて128社となり、米国と匹敵する水準に達する。

世界のユニコーン企業分布(2017年5月時点)
(出所: CBInsights、中国科技部「2016年中国ユニコーン企業発展報告」よりDI分析)


 では、上位10社の顔触れはどうなっているだろうか?──答えはやはり、アメリカ6社・中国4社とほぼ拮抗している(※中国は独立系のみ)。奇しくも1位と2位は、中国で出血競争の挙句に資本提携をした、アメリカ・Uber(680億ドル)と中国・滴滴出行(500億ドル)となっている。ここに、アリババ出自の蚂蚁金服(Ant Financial、750億ドル)、阿里云(Ali Cloud、390億ドル)といったネット大手によるスピンオフ創業・育成モデルを追加すると、米・中の社数がいよいよ逆転することになる。

世界のユニコーンTop10ランキング(2017年5月時点)
(出所: CBInsights、中国科技部「2016年中国ユニコーン企業発展報告」よりDI分析)


 ちなみに、日本からのユニコーンのノミネートは、フリマアプリでお馴染みのメルカリ1社のみである。日本の場合、東証マザーズという新興市場が、スタートアップ企業の早めの受け皿として機能しているとはいえ、米・中・印と比較した場合の差は歴然としていることも分かるだろう。

・伝統的大企業を超えたスーパースター企業
 〜テンセントが時価総額No.1へ

 ユニコーンの勃興に加え、スーパースター企業の存在を人々に強く印象付ける現象が進んでいる。ベンチャーから生まれた第1世代のスーパースター企業群が、ここに来て、名実ともに「中国の主役」になりつつあるのだ。

 まず、株式時価総額で見てみよう。長年、中国企業の時価総額上位において不動のトップ3を占めてきたのは、伝統的3大国営企業、つまり、中国工商銀行(ICBC)、中国移動(China Mobile)、中国石油(Petro China)の20兆円トリオであった。

 しかし、第1回の記事(「香港で上場、あの本間ゴルフが中国で復活していた」)でも触れたように、2016年末に、中国IT業界のスーパースター企業テンセントが、いよいよ中国のトップ1に躍り出た。そして、2017年5月末時点では、テンセント・アリババが中国国内2強となり、世界の時価総額ランキングでも9位・10位に食い込む大躍進を見せている。

中国ネット大手3社と、伝統国営企業3社の時価総額推移(2012年1月〜2016年12月、単位は兆円)
(出所: Legend Capital提供資料)


 また、実経済においても、ネット大手の与える影響は非常に大きい。読者の皆さんもご存知の通り、アリババのEC流通額約50兆円は、サービス産業GDPの約10%を占める。テンセントも7.7億人のユーザーを抱える世界最大級のソーシャル企業の顔を持つ傍ら、Riot Games(PCオンラインゲーム・アメリカ)やスーパーセル(モバイルゲーム・フィンランド)を買収。結果として、グローバルのゲーム売上は1.2兆円で、世界首位のゲーム企業に君臨する。

 中国では、既存伝統産業(重厚長大型産業)の成熟、行き詰まり感が問題視されて久しいが、ベンチャー上がりのスーパースター企業は、それらのネガティブインパクトを打ち消すだけの力すら持ち始めていると言えるのではないだろうか。

・スーパースター起業家の誕生
 〜B・A・T、そして「1日1人」誕生するビリオネア

 中国におけるスーパースター起業家として、やはり「B・A・T」(バイドゥ、アリババ、テンセント)の創業者3人は外すことができないだろう。

 ソフトバンク孫正義氏からわずか6分間で2000万ドルの投資を引き出し、2014年にはニューヨーク上場を果たした、日本でもお馴染みのアリババ創業者ジャック・マー(馬雲)。個人資産3.3兆円で中国個人資産番付2位にランクインしている。

 一方で、テンセント創業者のポニー・マー(馬化騰)、バイドゥ創業者のロビン・リー(李彦宏)も、それぞれ番付3位、8位につけている。

中国を代表するスーパースター起業家B・A・T創業者の紹介
(出所: Legend Capital提供資料)


 さらに驚くべきことは、中国ではここ数年、個人資産10億人民元(約170億円)のビリオネアが、「1日1人」のペースで誕生している。もはや日本では、ビリオネアは数年に1人のペースでしか誕生しないと思われるため、この圧倒的な規模感には驚きを隠さざるを得ない。

2012年〜2016年の中国富豪数(10億人民元保有)の増加数
(出所: 胡潤百富)


 このように、継続的に誕生するスーパースター企業・起業家の存在が、その背中に続けとばかりに、中国のベンチャー市場に彩りを与えているのである。

最後に

◎ドリームインキュベータ・板谷より

 今回、複数データソースを手掛かりに、中国ユニコーンの実数解明に力を入れてみましたが、いかがでしたでしょうか。CB Insightsのデータ(米国100社、中国40社)を見慣れた読者の皆さんからすると、既に中国が米国に匹敵、あるいは凌駕する水準に達しているという発見は、かなり意外だったのではないかと思います(何を隠そう私自身もそうでした)。また、直近でテンセント・アリババが世界時価総額ランキングトップ10に食い込み始めている動きも見逃せません。いつの間にか、中国の「スター創出力」も米国に肩を並べる水準になりつつあるのだと感じています。

◎Legend Capital・朴より

 実は、中国ベンチャー市場が盛り上がりを見せている一番の要因は、この「継続的なスーパースターの誕生」にあるのだと思います。例えば、私たちLegend Capitalの元同僚で、出会ったベンチャーに意を決して転職、自ら経営幹部として飛び込んだ方がいます。UCWebという携帯ブラウザのその会社は、その後、推定20億ドル以上でアリババに買収され、身近な大成功者の1人となっています。そうしたエピソードが2つ、3つと言わず、20、30と転がっているのが、中国ベンチャー市場の原動力となっているのではないでしょうか。

この記事のまとめ: 中国ベンチャー市場を読み解く6つのキーワード
(1)継続的なスーパースターの誕生

 ・継続的なスーパースター企業の誕生
   ・1カ月に1社誕生するユニコーン
   ・世界的にも見ても、アメリカ・中国・インドに集中
 ・伝統的大企業を超えたスーパースター企業
   ・テンセントが時価総額で中国首位(2016年末)
   ・アリババと共に世界トップ10入り(2017年5月)
 ・スーパースター起業家の誕生
   ・B.A.T、そして「1日1人」誕生するビリオネア

(筆者プロフィール)

板谷 俊輔
ドリームインキュベータ上海 董事兼総経理
東京大学工学部卒業、同大学院新領域創成科学研究科修了後、DIに参画。
北京大学外資企業EMBA。
エンタメ・デジタルメディア・消費財分野を中心に、大企業に対する全社改革(営業・マーケ改革、商品ポートフォリオ再構築、生産・購買コスト削減、組織改革、海外戦略見直し等)から、ベンチャー企業に対するIPO支援(事業計画策定、経営インフラ整備、常駐での営業部門立ち上げ、等)まで従事。現在は、DI上海に董事総経理として駐在し、現地政府・パートナーと連携しながら、日系大企業へのコンサルティングと中国・アジア企業への投資・事業育成を行う。

小川 貴史
ドリームインキュベータ上海 高級創業経理
東京大学工学部卒業後、ドリームインキュベータに参加。
主に、新規事業の戦略策定およびその実行支援に従事。 製造業(自動車/重工/素材)を中心に、IT、商社、エネルギー、医療、エンターテイメント等のクライアントに対し、構想策定(価値創造と提供における新 たな仕組みのデザイン)から、事業モデル/製品/サービスの具体化、組織/運営の仕組みづくり(実現性を担保したヒト・モノ・カネのプロデュース)、試験 /実証的な導入まで、一気通貫の支援を行っている。複数企業による分野横断的な連携や、官民の連携を伴うプロジェクトへの参画多数。

朴焌成 (Joon Sung Park)
Legend Capitalパートナー、エグゼクティブディレクター
韓国延世大学校卒業、慶應義塾大学MBA及び中国长江商学院MBA修了。延世大学在学中には、University of Pennsylvania, Wharton Schoolへの留学経験も持つ。
アクセンチュア東京オフィスを経て、Legend Capitalに参加。Legend CapitalではExecutive DirectorとしてEコマース、インターネットサービス、モバイルアプリケーション、コンシューマーサービス分野での投資を積極的に行う。韓国語、日本語、中国語、英語に堪能。
Legend Capitalは、レノボを含むLegendグループ傘下の中国大手投資ファンドで、ファンド総額は50億米ドルを超える。特にインターネット・モバイル・コンテンツ分野および消費財分野に強みを持ち、350社以上への投資実績がある。日系大手企業のLPも多数。

筆者:ドリームインキュベータ