キティ初“最強の美女戦士”と洋画コラボ

写真拡大

全米で公開されるや、1億ドルを突破するオープニング成績でロケットスタートを切った映画「ワンダーウーマン」。そんな同作とハローキティのコラボが決定した。数多のモノやキャラクターとコラボを展開するハローキティだが、洋画のプロモーションは意外にも初めての試みだ。

「ワンダーウーマン」は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセスのダイアナが、外の世界を知り、人々の争いを止めるため“最強の美女戦士”ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描き、その感動的なストーリーから「アメコミ史上最高傑作」との呼び声も高い作品。さらに、圧倒的な美女で最強の戦士でありながらも、島で育ったことから時折見せる世間知らずなチャーミング姿の意外なギャップの魅力で、全世界から愛されるキャラクターとして支持を集めている。

そして今回、「ワンダーウーマン」とコラボするハローキティは、レディー・ガガなど海外セレブのファンも多く、そのキュートでチャーミングな姿で日本のみならず世界中から愛される日本を代表するキャラクター。これまでにも「ONE PIECE」のチョッパーや貞子などともコラボして話題となったが、洋画のプロモーションは史上初だ。

さらに、本作のパティ・ジェンキンス監督も「私、ハローキティが大好きなの! ワンダーウーマン×ハローキティ コラボ、本当に大好き! ワンダーウーマンはみんなから愛されていて、みんな心にワンダーウーマンを秘めている。そんなワンダーウーマンをみんなが大好きなハローキティがリードしてくれるなんて、本当に素晴らしいわ!」と、歓喜のコメントを寄せている。

なお、6月17日より発売される前売券は、ワンダーウーマンのコスプレをしたハローキティがキーホルダーになった「ワンダーウーマン×ハローキティ コラボラバーキーホルダー」、または、今から76年前の1941年、原作コミックに女性のスーパーヒーローとしてセンセーショナルなデビューを飾ったワンダーウーマンの初登場DCコミックの日本限定復刻版「ワンダーウーマン初登場DCコミックス(1941 年)限定復刻版」(ライター:ウィリアム・モールトン・マーストン)の、どちらかの特典を選べる豪華仕様に(※劇場のみでの展開/数量限定。無くなり次第終了)。

この特典について、DCエンターテイメント発行人を務め、アメコミ界のレジェンドと言われるジム・リーは「特別な視点で描かれるワンダーウーマンのあまり知られていない始まり、ワンダーウーマン初のコミックブックのストーリーをお楽しみください。そして、大スクリーンで描かれる彼女の冒険にもご期待下さい」とコメントしている。

映画「ワンダーウーマン」は、8月25日(金)全国ロードショー(3D/2D/IMAX)。