佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」特報解禁

写真拡大

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎――そんな実話を、俳優の佐藤健(28歳)と女優の土屋太鳳(22歳)のW主演で映画化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。その公開日が2017年12月16日に決定すると共に、本編映像&撮り下ろしポスタービジュアルが解禁となった。

本作はYouTubeに投稿された動画をきっかけに話題となり、テレビや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化した作品。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志(ひさし)役を佐藤、病と闘う麻衣役を土屋が演じている。

このたび解禁された特報(https://www.youtube.com/watch?v=fMZOPLtrJPI)では、麻衣の回復を祈り、支え続ける苦悩、繊細な心情を表現する佐藤と、突然の病に襲われ懸命に立ち向かう麻衣を演じる土屋が、寄り添い、そして、切なく呼応。8年という歳月を経た2人の奇跡の物語、2人の演技に期待が高まる映像となっている。

そして、追加キャストも解禁。2人を優しく時に厳しく見守る麻衣の両親、母・中原初美役に薬師丸ひろ子、父・中原浩二役に杉本哲太。尚志が働く会社の社長・柴田役に北村一輝、先輩・室田浩輔役に浜野謙太。そして、尚志と麻衣を担当する結婚式のウェディングプランナー・島尾真美子役を中村ゆり、麻衣の主治医・和田医師役を堀部圭亮、尚志が仕事先で出会うそうめん工場の社長役を古舘寛治が演じる。

さらにポスタービジュアルも解禁となった。尚志が麻衣の回復を願い、「いつか麻衣にウエディングドレスを」と奇跡を信じて待ち続ける“希望”をコンセプトに、本編とは別に撮り下ろした写真を使用したビジュアルになっている。

映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は12月16日(土)全国ロードショー。