ウェディングドレス姿の土屋太鳳! (C)2017「8年越しの花嫁」製作委員会

写真拡大

 佐藤健と土屋太鳳がダブル主演し、あるカップルに起きた実話を映画化する「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の特報が、このほど完成した。本編映像が初披露され、突然襲われた病に懸命に立ち向かう麻衣(土屋)と、奇跡を信じ献身的に支え続ける尚志(佐藤)の菅田をとらえている。さらにウェディングドレス姿の麻衣が尚志に額を寄せ、愛を誓い合うポスタービジュアルも完成し、あわせて薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治の出演も発表された。

 映画のモデルは、岡山在住の中原尚志さん、麻衣さん夫婦。結婚式を3カ月後に控えた2006年末、麻衣さんは発症率が300万人に1人という難病「抗NMDA受容体脳炎」と診断されてしまう。昏睡状態が続くなか、尚志さんは諦めずに回復を祈り続ける。すると麻衣さんは徐々に意識を取り戻すが、尚志さんに関する記憶が失われていた。大きなショックを受けながら、それでも寄り添い続ける尚志さんに8年後、奇跡が起こる。

 また薬師丸と杉本は、土屋扮する麻衣の両親役に。そして北村が佐藤演じる尚志が働く会社の社長・柴田役、浜野が先輩・室田浩輔役、中村がウェディングプランナー・島尾真美子役、堀部が麻衣の主治医・和田役、古舘が尚志が出会うそうめん工場の社長役を担っている。

 「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は、「64 ロクヨン 前編」「64 ロクヨン 後編」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、「阪急電車 片道15分の奇跡」「世界から猫が消えたなら」の岡田惠和が脚本を執筆した。12月16日から全国で公開。