バイエルン、フランス代表MFトリッソを5年契約で獲得!

写真拡大

▽バイエルンは15日、リヨンからフランス代表MFコランタン・トリッソ(22) を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間。公式では移籍金などは明かされていないが、ドイツ『キッカー』は最低で3500万ユーロ(役43億円)で、トリッソの活躍次第で5000万ユーロ(61億6000万円)まで上昇する契約となっていると報じている。

▽リヨンの下部組織出身のトリッソは、2013年にトップチームに昇格。中盤の全てのポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性と、正確なビルドアップを武器に在籍4シーズンで公式戦160試合に出場し、29ゴールを記録した。

▽また、各年代でフランス代表に選出されてきたトリッソは、2017年3月にA代表に初招集されると、3月29日のスペイン代表戦でA代表デビューを飾った。

▽バイエルン加入の決まったトリッソは。公式サイトで以下のようにコメント。

「ヨーロッパ最高のクラブの1つであるバイエルンに加入できて、今日は素晴らしい日だよ。僕はこれまでリヨンで素晴らしい時間を過ごすことができた。リヨンにはとても感謝しているんだ」