Apple製品が大好きな夫婦が、開店したばかりのApple Storeで結婚記念の写真撮影を行いました。iPhoneやMacBookに囲まれて、愛を誓い合いました。店舗スタッフやお客さんからも祝福されています。

開店したばかりのApple Storeで愛を誓う

結婚写真撮影の場となったのは、5月27日(土)にオープンしたばかりの、シンガポールで唯一のApple StoreであるApple Orchard Roadです。
 

 
新郎のジェーミン・ウィーさん(34歳)と、新婦のチア・スアット・ハンさん(31歳)は、6月3日(土)の開店30分前にApple Orchard Roadに到着し、新郎新婦の付添人がストアマネージャーに交渉したところ、開店の10分前には店内での撮影が認められたそうです。
 

 
自らを「Apple信者」と語る新郎のウィーさんは、写真に撮られるのが苦手で、最初は結婚写真の撮影に乗り気ではありませんでした。しかし、チアさんが「生鮮市場」など風変わりな撮影場所を提案していく中で、ウィーさんはApple Storeなら、と了解したそうです。

Apple Storeスタッフ、そしてお客さんからも祝福の拍手

開店と同時に入店した新郎新婦が、バージンロードに見立てた商品展示テーブルの間の通路を進んでいくと、Apple Storeのスタッフだけでなく、お客さんからも祝福の拍手を送られています。
 

撮影に好意的だったApple Storeのスタッフたち

ウェディングカメラマンのイッピ・ウェイリ氏は、Apple Storeのスタッフたちは撮影にとても好意的で、応援してくれたと語ります。
 

 
Apple Storeで結婚写真を撮るというアイデアも面白いですが、開店1週間後の土曜日の店内での撮影を許可し、祝福したApple Orchard Roadのスタッフも素敵ですね。
 
ちなみに、アメリカでは昨年、自分のスマホと結婚式を挙げた男性が現れて話題になりました。

 
Source:Mashable
Photo: YIP Creations
(hato)