ル・マンを前にポルシェとトヨタの参戦車両が並んで展示!

写真拡大

東京・お台場にあるトヨタのショールーム「MEGA WEB」では、6月14日(水)〜6月17日(土)の期間中、ポルシェジャパンとの共同で、今週末フランスで行われる3大自動車レースの一つ、「ル・マン24時間レース」に参戦するレース車両とそのテクノロジーを受け継ぐ市販車車両を並べて展示している。

ル・マンで培った「ハイブリッド技術」を使った市販車両も併せて展示

今回の展示は、5月末のTOYOTA GAZOO Racing とポルシェジャパンの公式ツイッターでのやり取りを発端に、両者の「ル・マン本番を前に、この戦いをより多くの人に見てもらいたい」との思いを具体化したもの。レース前に参戦車両を並べて展示するのは、あまり例がなく画期的なことといえる。

展示する車両は、TOYOTA TS050 HYBRIDとPorsche 919 Hybrid、そしてハイブリッドの市販車であるプリウスPHVとカイエンS Eハイブリッド Platinum Edition。これらの車両に搭載するハイブリッドテクノロジーは、ル・マンを始めとするFIA世界耐久選手権で培われたもので、レースから市販車へという技術のフィードバックを見る上でも興味深いものとなっている。

また、MEGA WEBではレース期間中、パブリック・ビューイングも開催!お台場でル・マンにかける両社の思いにふれてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部】