人事聴聞会で答弁する都氏=14日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国新政権の文化体育観光部長官候補に指名された与党「共に民主党」の都鍾煥(ト・ジョンファン)国会議員は13日、国会で行われた人事聴聞会で、北朝鮮との交流について、「文化やスポーツ交流の糸口をつかめたい」と述べ、就任すれば北朝鮮との文化・スポーツ交流を活性化する意向を示した。

 来年2月に開催される平昌冬季五輪に北朝鮮が参加する可能性については、「IOC(国際オリンピック委員会)が(今月末ごろ)来韓するが、この問題について協力を求めたい」と表明。「(五輪開催中)北の馬息嶺スキー場の活用方法や応援団の来韓、聖火リレーに参加させる方法などについて考えている」と述べた。
kimchiboxs@yna.co.kr