イヤイヤ期の二歳児にヘトヘト期のママたち

写真拡大 (全4枚)



イヤイヤ期は自分の気持ちや行動をコントロールする術を学ぶ、とても大切な時期。しかし嵐のごとき自己主張を怒りとともにぶつける我が子に、ママは今まで感じ得なかったほどのストレスを感じずにはいられない時期でもあります。子どもはイヤイヤ期、ママはイライラ、ヘトヘト期。そんな時期の子どもとの生活とはどんなものなのか、ママたちの現実に迫りました。

これぞ二歳児! イヤイヤモンスターたる所以はここに……!

ママスタBBSには、二歳児の「イヤイヤ〜!」の毎日と必死に向き合い、なんともいえない閉塞感を感じるママたちの姿がありました。

『着替えない。オムツは履かない。たべない。こぼしてあそぶ。泣いてさわぐ。叩く。噛む。寝ない。

限界……』


『「イヤ!」「○○したかった!」「○○がいい!」が始まったら何を言ってもダメで、のれんに腕押し状態。しかも息抜きできない』


『一昨日が限界だった。「お風呂入らない!!」と言い張って1時間以上格闘……。今日は昼寝させようとして、一緒に横になってたら顔にかかと落とし。頭突きされて鼻血出たこともあった。ご飯は何でも食べてたのに、最近は好きな物だけ食べてご馳走様するし。二人目なんてとてもじゃないけど無理だわ』


『うちもそうよ。ヘトヘト。

旦那からは子どもがワガママなのは私の躾が悪いからだと責められるし』


『子ども3人。イヤイヤ期を三回経験して、毎回限界で泣いてた(笑)。でも生きてるわ』


目から鱗! 先輩ママさんからのアドバイス

必死に乗り越えてきた先輩ママたちのアドバイスをご紹介します。ママが精神的にちょっと楽になれるアドバイスから、是非実行に移したいテクニックまで、説得力のあるものばかりです。

『本当に疲れるよね……イヤイヤばっかりで。

いちいち怒ってるとこっちも疲れちゃうから、私は「オムツ嫌」と言われたら「あっそー」と言って、ちょっと放っとくよ。

ちょっと経って違うこと始めたら、どさくさに紛れてオムツをはかせたりとか。

服も着るのが嫌なときはしばらく裸でいるよ。ちょっとくらい裸でも大丈夫だよ。

うちは噛む・叩くもやるからそこだけはビシッと叱って、あとはある程度スルーして怒らないようにする。

じゃないとこっちがパンクしちゃうよ。

私は今こんな感じで一人目のときよりものすごく気持ちが楽になった』


『魔の二歳児だもんね。疲れるよね。根気しかないかな〜。

あとはね、そんなに完璧を目指さないってこと。

汚れてもOK

多少煩くてもOK

寝なくてもOK

食べなくてもOK

だって子供は汚す生き物だしうるさい生き物。

お腹が空けば食べるし眠くなれば寝る。

「もう今日はどうでもいいや!」と諦める日があってもいいと思う』




『うちの子がそういう時期、プロに相談したことがある。

まずは一旦、子どもの気持ちを受けとめてあげることが大切で、「でも〇〇しないと××になるよ」と地道に教えてあげると癇癪も減るみたい。

例えば

「オムツをはきたくないんだね。

そうだね、はきたくないね。

でもはかないとお家汚れちゃうから、これやったらはこうね」

という感じで。

いちいち大変だけど同意→説得(提案)を繰り返すんだって。

噛む、叩くは、

「噛むと痛いよ。叩くと痛いよ」と

教えてあげる。

泣いて騒いだら、

場所を変え「嫌だったんだね」と、子どもの気持ちを受けとめてあげてからなだめる』


イヤイヤ期の子どもと、ママたちの知恵をご紹介しました。大変なときは、大きく変化が起こるときでもあります。今まさに戦っていますというママさん、もうすぐかな……と不安になっているママさん。アドバイスを取り入れていろいろな方法を試しながら、我が子にとっての良き応援団になれたらいいですね。

文・編集部 イラスト・あい