全治約6週間と診断された大分GK高木駿

写真拡大

[故障者情報]

 大分トリニータは14日、GK高木駿が大分市内の病院で検査を受けた結果、右拇指脱臼で全治約6週間と診断されたことを発表した。同選手は11日のトレーニングマッチで負傷。今後は経過を見ながらリハビリを開始していく予定だという。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ