ステキな彼氏ができて、もはや有頂天で周りが何も目に入らない……なんて状態が許されるのは、せいぜい20代前半まで。いつでも彼氏最優先じゃ、女友達の間でも評判を落とすし、彼を世界の中心にしてしまう人はたいてい恋愛依存気味となり、結局彼からも逃げられてしまいます。
恋愛に舞い上がってしまう気持ちもわかりますが、アラサー世代の女子なら、恋愛と自分自身の生活のバランスを上手にとっていきたいもの。なかなか難しいことですが、それをさらりとこなしてしまう女子もいます。長いスパンで見れば、そのほうが恋愛も長続きするし、ハッピー度も高いもの。
そこで今回は、そんなふうに恋愛依存にならず、生活を楽しんでいる人の特徴をまとめてみました。

恋愛依存にならず生活を楽しむ人の特徴

彼氏がいても“自分タイム”を確保し大事にしている

実は男性から最も敬遠されてしまうのは、恋人同士になった途端に四六時中一緒にいたり、デートしたりしようとする彼女。最初のうちは“かわいい”と思われるかもしれませんが、そんな彼女に束縛されている感じがしてくるのです。それとは反対に、仕事や女子力アップ、趣味など自分のための時間を必要とする女性は、“自分タイム”の大切さを理解している分、彼のことも適度に“放置”しておけます。それくらいの距離感がちょうど良いと感じる男子にとっては、まさに理想の彼女なのです。

彼氏と会えなくても寂しい気持ちに負けない

恋愛中は彼氏一筋で、女友達との集まりには全く参加しなくなる……というのは、実は恋愛依存の一歩手前。だって彼氏以外のプライベートな人間関係を全て犠牲にしてしまっているのですから。どんなに恋愛がうまくいっているときでも、女の友情は決しておろそかにしないようにしましょう。友達関係が充実していれば恋愛依存にはならないし、たとえ彼と会えないときだって気が紛れるので、寂しさに負けません。

自分の仕事に対し責任感とプライドがある

ひとりの社会人として、オトナ女子として、自分の仕事に責任感とプライドを持っていることってとても大事なことだと思いませんか? それは恋愛にとってマイナスになるどころか、大きなプラスにもなります。どんな仕事であれ一生懸命にとり組み、常により良い結果を出そうと努力している。そんな一途さは、人間力にも大きく反映されるはず。彼氏からもきっと“頼もしいパートナー”として信頼、尊敬されることでしょう。

彼氏だからといってむやみに頼ろうとしない

そもそも、恋愛抜きでも日々の生活を十分に楽しんでいるのがこのタイプ。彼がいても、いなくても基本的に生活そのものが大きく変わることはありません。その分、性格的にも自立しているので、やりたいことがあればさっさと自分でやってしまうし、彼に何か頼ろうという発想もあまりありません。男性からするとちょっと物足りないくらいに感じられるかもしれませんが、そんなさっぱりした性格にフェミニンな外見だったりすると、そのギャップが彼の目には大いに魅力となって映ることでしょう。

普段しっかり者キャラだけど彼氏から“お姫さま”扱いされるのも好き

普段はしっかり者で自立した彼女だけど、実は彼氏からの恋人らしいロマンティックなジェスチャーが大好き! というのも幸せな恋愛をしている人の特徴です。お花やチョコレートといったさりげないプレゼントを喜んだり、熱いキスやハグで恋人気分を高めたり……。恋人といるときはちゃんと彼女として愛されたい、という気持ちをしっかり伝えられるからこそ、恋愛テンションを高く維持したまま良い関係でいられるのです。