【インタビュー】ネタバレ注意、カラック・アングレンの巧妙な仕掛け

写真拡大

オランダのシンフォニック・ブラック・メタル・バンド、カラック・アングレンが5枚目のアルバム『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』をリリースする。他に類をみないほど巧妙な仕掛けが施された本作について、キーボード、オーケストレーション担当のアルデックに話を聞いてみた。ちなみにこのインタビューには、その「巧妙な仕掛け」に関するネタバレも含まれているので、自力で謎解きをしたい方は、この記事を読む前に、アルバムを聴いてみてほしい。

──ニュー・アルバム『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』がリリースとなりますが、どのような仕上がりになっていますか?

アルデック:『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』は、ファンが望むものすべてが詰まっているよ。つまり、「音楽的に語られるシアトリカルなホラー・ストーリー」さ。エピックなコーラスに叩きつけるようなリフが、ガッチリとファンの心をつかんで離さない。そして今回初めてリスナーをホラー・ストーリーに巻き込む仕掛けをすることができた。このアルバムにはたくさんの発見があると思うよ。リリースするのが待ち遠しいね。

──アルバム・タイトルはどのような意味なのでしょう。

アルデック:『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』というのは、5曲目に収録されている「ソング・フォー・ザ・デッド」という曲の歌詞からの引用だよ。この特別な曲は、死者にとり憑かれてしまった人についてのサブストーリーになっているんだ。彼は死んでしまった人を諦めることができず、いつまでも執着して、彼らの服を着たり、さらには死体とダンスしたりまでするのさ。これをアルバムのタイトルにしたのは、リスナーを引き込むためだ。さあ、やって来て死に囲まれるというのはどういうものなのか感じてみろ、ということ。アルバム全体のストーリーは、ウィジャ盤で遊んでいて「チャーリー」という正体不明の霊を呼び出ししまう少女を中心に展開していく。彼女は恐怖のあまり逃げ出してしまい、残されたリスナーが、部屋で次々とやって来る霊と対面するんだ。出て来る霊はみな、それぞれおのお話を語っていく。そしてアルバムは最後に女の子のオープニング・シーンに戻って来るのだけど、そこから先どうなるのかは、アルバムを最後まで聴く勇気のあるものだけがわかるという仕組みさ。

──しかし歌詞を読んだ感じだと、その少女がチャーリーを呼び出してしまったのは、ウィジャ盤のせいではないようですが。

アルデック:その通り!君が本当のストーリーに気付いたのは素晴らしいことだよ。よく考えて欲しい。CDはどんなパッケージだったか。アルバムを最後まで聴き終わったら、イントロが何というタイトルだったか再確認してみてくれ。それから歌詞カードを見て、イントロの各単語の頭文字を取り出してみて欲しい。リスナーをストーリーに巻き込むというのはこういうことさ!

──なるほど、これは見事ですね。

アルデック:見事と言ってもらえると、とてもうれしいよ。カラック・アングレンは常に大きな物語を描くようにしているけれども、同時に音楽も楽しめるようなものではないといけないと思っている。個人的に、コンセプト・アルバムの多くは、音楽は素晴らしいのにストーリーはイマイチ、あるいは逆にストーリーは素晴らしいのに音楽がそれに負けているという傾向にあると思う。俺たちは両立を目指しているんだ。今回のアルバムのストーリーは非常に手が込んでいるので、リスナーが自分たちでどれだけ見つけられるか興味深く思っている。先日のインタビューでは、インタビュアーは「このアルバムにはストーリーは一切ないよね」と言っていた。彼はただの小編の集まりだと解釈したんだ。もしこのアルバムの意図を聞かれたら、俺は説明をするようにしている。だけどその前に、人々がどうこれを解釈するかも見てみたいんだ。