【詳細】他の写真はこちら

男なら黒に染まれ。

BMWのバイク『R80』といえば、1980年代を中心に生産され、カスタムビルダーにも大人気のモデル。そんないい意味で古めかしいバイクを真っ黒に染め上げたカスタムバイク『T63』は、凄まじいまでの男臭さを漂わせる仕上がりになっています。

約1年の製作期間をかけた力作





カスタムビルダーのAngry Motorsが制作したこのカスタムバイク。製作には1年/350時間の期間と、情熱と、そしてビールが必要だったそうです。ベースとなったのは1989年製『BMW R80 RT』で、エンジン排気量は800cc。それにしても、必要最小限以外の外装パーツをほとんど削ぎ落としてしまった潔さは好印象です。

タンクとエンジン以外はフルカスタム







見た目の統一感とは裏腹に、このカスタムバイクはエキゾースト、ヘッドライト、ハンドルバー、シートなど、目につくパーツを総とっかえ。ベースとなるパーツがここまで残っていないと『BMW R80 RT』のカスタムバイクと言っていいのか微妙なところですが、それでもこれだけ完成度が高いということは、ビルダーのセンスが高いことの証明でしょう。BMWの象徴ともいえるフラットツインエンジンが、細身のフレームやシートをどのように震わせるのかと思うとワクワクしてしまいます。

なんと、このカスタムバイクは買える!





カスタムバイクは非売品であることが多いのですが、本バイクはなんと購入可能。ビルダーは「もし興味があったらコンタクトを取ってくれ」と、公式ホームページに記載しています。価格や配送条件などほとんどの情報は公開されていないのですが、もしチャンスがあれば、一度はこの男臭さMAXのバイクに跨ってみたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト



『T63』情報ページ