@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

すべてのグレードが電力を利用

すべてのグレードに48Vの電動システムを採用することは、アウディ始まって以来のこと。ゆくゆくは、すべてのモデルが電力を利用することを目指しているという。

今回公式に発表された画像を見たところ、V6ガソリンエンジンを使用することも明らかになった。

48Vのシステムは、大きく分けてふたつのエレメントで構成される。水冷式のオルタネータースターターと、リチウムイオンバッテリー(ちょうどトランクの下あたり)だ。

次期A8、正式公開日は7/11? EVも?

次期A8は、7月11日、バルセロナでおこなわれる「アウディ・サミット」で公開されるはずだ。

依然としてカモフラージュされた画像しか入手できていないが、デザインは2014年の「プロローグ・コンセプト(トップ画像)」の影響を強く受けていることが予想される。

V6ターボやV8のほかに、トップモデルがW12を選べるという情報がインサイダーから入ってきており、電制ターボがターボラグを最小限に抑えるのだろう。

プラグイン・ハイブリッドがラインナップに加わることは比較的かんたんに予想されるほか、EVが加わることも予想される。