デンマークの首都コペンハーゲンで、青と白の塗料をかけられた人魚姫の像(2017年6月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】デンマークの首都コペンハーゲン(Copenhagen)で14日、「リトルマーメイド(Little Mermaid)」の愛称で知られ、同市の象徴的存在である人魚姫の像に青と白の塗料がかけられているのが見つかった。

 この像は先月30日にも反捕鯨を訴える活動家らしき人物らによって赤いスプレーが吹きかけられ、今回再び破壊行為の標的とされた。
【翻訳編集】AFPBB News