インドネシア語なぜ簡単?

写真拡大

インドネシア語は、世界一習得が簡単な言語といわれています。なぜ簡単なのでしょうか。

インドネシア語の歴史は?

インドネシア語は、インドネシアで話される言語ですが、もともとインドネシアは多くの民族が入り交じる場所でした。当然それぞれに異なる言語を話しています。そうなると意思疎通が難しいため、この地域に出入りしていたマレー商人の言語を、共通語として定めたものです。その歴史は浅く20世紀に入ってからとなります。そのため、マレーシア語とインドネシア語は似た言語となっています。

なぜ簡単?

それではなぜインドネシア語は簡単だといわれるのでしょうか。まず、文字がアルファベット表記のため、あらたに文字を覚える必要がありません。さらに自制が存在せず、動詞が変化しないため、複数の言葉を使い分ける必要がありません。さらに語学学習においてネックとなる発音の問題もありません。基本的にアルファベット読みをするだけで良いので、通じやすい言語だといわれています。

人口は増える?

インドネシアは現在およそ2億5千万人の人口を抱えていますが、今後も増えることが予測されています。さらに日本人に人気のバリ島などもインドネシアにはありますので、気軽にインドネシア語を学んでみてはいかがでしょうか。