<6月14日に71歳を迎えるトランプ。山積みの問題で祝賀ムードは控え目かと思いきや、盛大な「パーティー」が各地で計画されているようだ>

ドナルド・トランプ米大統領はこれまでいくつも盛大な誕生パーティーを開いてきた。だが今日の71歳の誕生日と比べれば、過去のパーティーなどはるかにかすんでしまうくらい騒がしいものになるかもしれない。トランプの誕生日に合わせて、ロシア疑惑の解明を求める数百人規模のデモが予定されているのだ。

この「悲しき誕生日パーティー#Sad Birthday」を企画したのは、昨年11月の大統領選を機に結成された抗議団体「ライズ・アンド・レジスト(立ち上がり抵抗しろ)」。同グループによれば、参加者はマンハッタンのトランプタワー前に集まり、ロシア行きの航空券などロシア疑惑にまつわる特別なプレゼントをトランプに贈るようだ。もちろん、「ロシアへ帰れ」の皮肉をこめて。

「トランプはアメリカを破滅させる政策を次々と提案している」と、ライズ・アンド・レジストのメンバー、アンディ・ラットは語った。「トランプがワシントンでケーキのろうそくを消す間、我々はトランプの願いが叶わないことを願う」。

(ライズ・アンド・レジストの投稿)


【参考記事】【動画】「トランプはわたしの大統領ではない」全米各地で抗議デモ

マンハッタンは、この日行われる「悲しきパーティー」の一部にすぎない。ラットによれば、フロリダ州パームビーチにある「マール・ア・ラーゴ」とニューヨーク州ウェストチェスターのハドソン・ナショナル・ゴルフクラブでもパーティーが開かれる。

ホワイトハウスで過ごす間、トランプにはロシア疑惑に関する捜査が付きまとう。ロシア疑惑の捜査をしていたコミーFBI前長官に捜査をやめるよう政治的圧力を加えた司法妨害疑惑も浮上している。

これまでも「ライズ・アンド・レジスト」は、イスラム教徒が多い国からの入国禁止令や移民の強制送還、メキシコとの国境の壁建設に抗議してきた。

3人の妻それぞれのパーティー

ちなみに最初の妻イバナと一緒だったトランプ42歳の誕生日のお祝いは、所有するカジノに約4.6メートルの宇宙船を飾ったと、ワシントン・ポストは報じている。

50歳の誕生日は、2人目の妻で次女ティファニー・トランプの母親マーラ・メープルズが隣にいた。メープルズはトランプタワーで桁違いに大きなパーティーを開いた。トランプが保有する多くの建物とスーパーマンの衣装に身を包む不動産王を模した砂糖菓子をあしらったケーキが用意された。スーパーマンのテーマ曲にのせてケーキが披露される前にはもちろん、4人の子供が歯の浮くような賛辞を贈った。

71歳の誕生日、3人目の妻メラニア・トランプは夫を「悲しきパーティー」から守るため、抗議団体に対しイベントを見送るようメールで頼んだという。「友人たちへ。あなたがたが、パーティーの成功がドナルドにとってどれほど大切かをわかってくれたら、彼も喜ぶでしょう」

確かにパーティーがうまくいかないと、むずかってまた何を言い出すかわからない。


ツイッタ―に投稿された皮肉が込められた誕生日のメッセージ



(弾劾(impeach)をもじった投稿)




(「苦悩のアメリカ...トランプは大統領にふさわしくない。そして世界にとって脅威だ」)


【参考記事】エリザベス女王90歳 素顔がのぞく珍言集
【参考記事】習近平訪米へのプレゼント? 米ボーイング、737型機の最終工程を中国に移転

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ジェイソン・ ルミエール