元大統領への冒涜に、女性アイドル殺害予告まで!! 韓国社会の問題児「イルベ」とは

写真拡大

「僕、ナイフ持ってるよ。君を殺しに行くからね」

韓国版「2ちゃんねる」と呼ばれる「日刊ベスト(以下、イルベ)」のユーザーが、アイドルグループ「TWICE」の日本人メンバー・ミナに対する殺害予告を投稿した。

「君を殺しに行く」との文章と共に包丁を手首に当てている写真も添えられていたが、騒ぎが大きくなるにつれ投稿者は書き込みを削除し、直筆の謝罪文を掲載。

謝罪文には「(脅迫文は)たくさんの『おすすめ(いいね)』をもらうために書き込んだだけで、決して本心に基づいたものではない。どうか善処を願う」と綴られているも、TWICEの所属事務所・JYPエンターテインメントは「善処なく強硬対応する」という立場を表明した。

女子高生へのレイプ予告も

近年、こういったイルベユーザーによる犯罪や騒動が後を絶たない。

今年の2月には、「○○芸術高校正門から車で押し入り、気に入った女子生徒を拉致してから倉庫で制服姿のまま無慈悲にレイプする」といった性犯罪予告が書き込まれ、学校側が校舎を緊急閉鎖する事件があった。

つい最近は、イルベユーザーによって加工された画像が韓国のニュース番組で使われる騒動も。

その画像は、いまは亡き盧武鉉元大統領が表紙を飾った『TIME(タイム)』誌の見出し「Hello, Mr.Roh」を「Go To Hell Mr.Roh」に変えたものだった。

(参考記事:フジテレビよりひどい!? ネットに釣られまくっている韓国テレビ局の悪癖

世間では「社会悪」扱い

極右思想を持つユーザーが集まるイルベには暴力的で扇情的な有害コンテンツが絶えない。

故・盧武鉉元大統領に対する誹謗中傷はじめ、女性嫌悪、人種・地域差別、デマ流出、女子高生盗撮など、世間を騒がせた大きな事件だけでも70件を超える。

韓国放送通信審議委員会によると2014年から3年間、イルベの書き込みに対して3317件の是正要求が行われたそうだ。イルベには未成年者に対する規制がないため、子供たちへの悪影響も心配されている。

当然と言うべきか、イルベについての世間の評価は非常に冷たい。

「公共の敵」「犯罪の温床」などと呼ばれ、「社会悪」として扱われることもあるようだ。SNSでは「イルベなんて早く世の中から消え去ればいいのに」「パクサモとイルベ民たちが韓国をダメにする主犯」「もはや人間のクズの集まりでしかない」という書き込みが目立つ。

いずれにせよ、イルベが韓国で大きな影響力を持つコミュニティであることは事実。ユーザーたちにはより高い意識が求められている。

(文=S-KOREA編集部)