ランボルギーニ、「ウルス」の発売に向けた開発施設の拡大と、新たな音響実験施設をオープン!
アウトモビリ・ランボルギーニは、スーパーSUV「ウルス」の発売に向けた生産施設拡張計画の一環として、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにある工場にて、プロトタイプおよびプレシリーズ車の開発エリアを大幅に拡大した。これにより、既存の建物は5,000平方メートルから7,000平方メートルへと拡大された。

また、社長兼CEOであるステファノ・ドメニカリ氏と、研究開発部門取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏が完成式典に出席し、新たな音響実験施設もオープンした。最新の技術水準にもとづいて設計された音響実験施設では、特定の音感覚を調整することが可能となり、新たなドライビング・エクスペリエンスの実現を目指して開発が行われる。

また、新施設では軽量構造コンポーネントの音響調整をサポートしており、未来の車両コンセプトやドライブトレイン・システムの実現において重要な役割を担うことになるだろう。

【ギャラリー】Lamborghini New factory4


【ギャラリー】Lamborghini Urus Concept: Monterey 201219



■ランボルギーニ 公式サイト
https://www.lamborghini.com/jp-en/