Instagramのアーカイブ画面(Instagramの発表資料より)

写真拡大

 Instagram(インスタグラム)に自分の投稿(フィード)を非公開にできるアーカイブ機能が追加された。アーカイブできるのは過去に自分がシェアしたフィードのみで、アーカイブするとそのフィードは非公開になる。

【こちらも】インスタグラム、ストーリーズに「ライブ動画機能」追加

 この機能追加によって、Instagram上に自分専用の写真・動画保存スペースができる。フィードはいつでも非公開にできるため、より気軽にInstagramを利用していろいろな写真を投稿できるようになり、プロフィールの管理も簡単になる。

 アーカイブしたフィードは全体からは見えなくなるが、削除はされない。一度シェアしたフィードをアーカイブしても、そのフィードについた「いいね!」やコメントはそのまま残る。自分ではプロフィールの「アーカイブ」から見ることができるが、他のユーザーからは見ることはできない。一度アーカイブしたフィードを再度自分のプロフィールに戻し、公開することもできる。

 アーカイブ機能を利用するには、過去にシェアしたフィードからアーカイブしたいものを選択して表示する。右上のメニューから「アーカイブ」を選択。これでそのフィードは公開されているプロフィールからは見えなくなる。

 アーカイブしたフィードを見るには、自分のプロフィール画面を表示してから、右上に表示される時計のアイコンを選択。これで自分ではアーカイブしたフィードを見ることができる。

 アーカイブしたフィードを再度プロフィールに表示するには、自分のプロフィール画面からアーカイブしたフィードを表示。右上のメニューから「プロフィールに表示」を選択すると、そのフィードは自分のプロフィールに再度表示され、もう一度、他のユーザーからも見えるようになる。プロフィールに戻したフィードは、もともとあった場所に再表示されるため、新しいフィードとして上に表示されるわけではない。

 この機能は、すでに公開されているInstagramアプリのバージョン10.21以上で利用可能になる。