Photo by cinemacafe.net

写真拡大

滝沢秀明が17年ぶりの映画出演にして映画初主演、『呪怨』シリーズの清水崇監督と組み、完全オリジナルストーリーで贈る『こどもつかい』。その劇場公開が迫る中、本作で新境地に挑んだヒロイン・門脇麦の未公開写真を、シネマカフェが独占入手した。
新人記者の駿也(有岡大貴)は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる“こどもの呪い”のうわさ。これは、事件なのか? 呪いなのか? そして、駿也の恋人・尚美(門脇麦)がふとしたことでこどもに怨まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の前に現れたのは、謎の男“こどもつかい”(滝沢秀明)。男の笛の音と共に、物影から、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる…。

滝沢さんが“こどもの霊”を操り、こどもに怨まれたオトナの命を奪うミステリアスなキャラクター“こどもつかい”を、特殊メイクにも挑戦しながら怪演する本作。連続不審死事件の謎に迫る記者・駿也役を有岡大貴(Hey! Say! JUMP)が務める中、駿也の恋人・尚美役を演じているのが門脇さん。

新たに入手した場面写真では、“なおみせんせい”と刻まれたエプロン姿の門脇さん演じる尚美の姿が…。彼女が務める保育園の男子児童、蓮くんの傷の手当をしている姿をとらえている。だが、その一方で、切ない表情でどこかを見つめているのはなぜなのか? 実は、この日の“あるきっかけ”により、蓮くんとの小さな行き違いから恐怖のどん底に追い詰められてしまうのだが…。

主演映画『世界は今日から君のもの』が控えるほか、ドラマ「リバース」などで活躍し、今回、ホラー映画に初挑戦した門脇さん。明るく、子どもから好かれる保育士だが、その背景にトラウマを抱えた複雑で難しいキャラクターの内面を繊細に演じきり、物語に深みを与えている。

本作のプロデューサーからは「やはり、門脇さんにお願いしてよかった。門脇さん以外には考えられなかった」と圧巻の演技を絶賛されているが、完成披露イベントでは「ホラー映画は苦手で、清水監督の作品では『魔女の宅急便』しか観たことがない」という発言や、恋人役の有岡さんが予想外の人見知りだったことで、まるでインタビューをするように質問を投げかけ距離を縮めたエピソードも披露して話題に。

そんな門脇さんが こどもたちに怨まれる“恐怖”を見事体現してみせた本作。ただ怖いだけではなく、ちょっぴり切ない結末も用意されているというから期待していて。

『こどもつかい』は6月17日(土)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
こどもつかい 2017年6月17日より全国にて公開
(C) 2017「こどもつかい」製作委員会

■関連記事:
有岡大貴&門脇麦に迫る恐怖!滝沢秀明主演『こどもつかい』予告解禁
滝沢秀明と有岡大貴の間にビミョーな距離!?「笑顔が怖い」「壁がある」と応酬
【特別映像】門脇麦の華麗な指さばきに注目!『世界は今日から君のもの』
【予告編】門脇麦『世界は今日から君のもの』主題歌は藤原さくら!
有岡大貴&成田凌&安藤政信ら新キャスト発表「コード・ブルー」