【ビルボード】オースティン・マホーン洋楽チャート首位最長記録をさらに更新、アリアナ「ワン・ラスト・タイム」TOP10入り

写真拡大

 先週、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”の首位最長記録を更新したオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が、今週さらに記録を伸ばした。

 今週見事に15週目の首位を獲得したオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」は、デジタル・セールスが引き続き再び洋楽勢No.1、動画再生回数洋楽勢No.2に。2位のエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」には100ポイントという僅差となったが、無事王座をキープする結果となった。また、6月8日リリースされたブルゾンちえみによる同曲のリミックスもデジタル・セールスが好調で、今週総合ソング・チャート“Japan Hot100”で27位に初登場している。

 TOP6が不動だった今週の洋楽チャートだが、ニュー・アルバム『ウィットネス』のプロモーション効果もあり、「ボナペティfeat.ミーゴズ」ケイティ・ペリーがTOP10に再浮上し、7位をマークした。そしてマンチェスター自爆テロ事件への追悼の意を込めチャリティ・ソングとして再リリースされたアリアナ・グランデ「ワン・ラスト・タイム」が10位に再エントリー。エアプレイ、デジタル・セールス、Twitter、動画再生回数、ストリーミングの5指標すべて順調に推移している。

 唯一の初登場曲となったデヴィッド・ゲッタ&ジャスティン・ビーバー「2U」は15位と好調な滑り出し。デジタル・セールスが洋楽勢No.3をマークしており、ミュージック・ビデオが公開されればさらなるチャート・アクションが期待できるだろう。


◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
2位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
3位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー
4位「美女と野獣」アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド
5位「グッド・ライフ」Gイージー&ケラーニ
6位「ステイ」ゼッド&アレッシア・カーラ
7位「ボナペティfeat.ミーゴズ」ケイティ・ペリー
8位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
9位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
10位「ワン・ラスト・タイム」アリアナ・グランデ