ディプロ、元恋人ケイティ・ペリーに3位に格付けされたことに反応

写真拡大

 元恋人ケイティ・ペリーが、過去に交際していた男性のベッドテクニックを格付けした際に、3位に選ばれたことに対してディプロがコメントをした。

 ディプロとケイティ・ペリーは、2014年に短い間交際しており、当時のSNSへの投稿からも彼らの交際の様子は伺える。

 事の発端は、ケイティがニュー・アルバム『ウィットネス』のプロモーションの一環として行ったライブ配信での米TV番組『レイトx2ショー』の司会者ジェームズ・コーデンとのゲーム“Spill Your Guts or Fill Your Guts”。その中で元恋人ディプロ、ジョン・メイヤー、オーランド・ブルームのベッドテクニックをランキングするか、ゲテモノ系珍味を食べる羽目になったケイティは、しぶしぶジョン・メイヤーを1位、オーランド・ブルームを2位、そしてディプロを3位に選んだ。

 ディプロは、これを報道したTHUMPによる記事を引用し、まずは「セックスしたことすら覚えてない」と自身のTwitterに投稿。その後、自分の写真とともに「セックス・オリンピックで銅メダルを獲った」と銅メダルの絵文字付きでツイートしている。


◎ディプロによる投稿
https://twitter.com/diplo/status/874349053152182272
https://twitter.com/diplo/status/874350159496265729