PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破

写真拡大 (全2枚)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、同社が販売する「PlayStation4」(PS4)は、2017年6月11日(日)時点で全世界の累計実売台数が6,040万台※1に達したと発表した。PSR向けソフトウェアタイトルの実売本数も、販売店および「プレイステーションストア」(PS Store)の累計が、2017年6月11日(日)時点で4億8,780万本を突破した。

さらに、「プレイステーションネットワーク」の月間アクティブユーザー数は7,000万に達し、有料会員サービスの「プレイステーションプラス」(PS Plus)の有料会員数は2,640万人を超えたとのこと。

同社の社長兼グローバルCEO アンドリュー・ハウス氏は「世界中のユーザーの皆様に引き続きPS4をご支持いただけていることを大変嬉しく思います。これもひとえに全てのプレイステーションファンの皆様とパートナー各社様によるものと、心より感謝申し上げます。今年度はPS4のパワーを最大限に生かした個性豊かなタイトルの数々が満を持して発売されます。これら期待のタイトル群に加え、PlayStationVRコンテンツやネットワークサービスなどの拡充を通じて、PS4のエコシステム全体を益々充実させてまいります。今後も、PS4がお届けする最高のエンタテインメント体験に是非ご期待ください」とコメントしている。

■ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
・賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催
・「LINEギフト」で、“肩たたき券”を贈ろう
・世界ゲームコンテンツ市場規模発表。2016年は8兆9977億円に〜「ファミ通ゲーム白書2017」発刊〜
・「オランジーナ フレンチスパークリング」新発売