<コスモポリタン アメリカ版>によれば、毎年恒例の「Forbes誌」が発表する『世界で最も稼ぐセレブリティ100』2017年度のランキングが発表されたよう!

1位には"Diddy"ことショーン・コムズ、2位には歌姫ビヨンセがランクイン。そして今年度で最も注目すべきは、19歳という最年少でランクインを果たしたカイリー・ジェンナー!

⭐️

A post shared by Kylie (@kyliejenner) on

カイリーと言えば、カーダシアン家のリアリティショー「Keeping Up with the Kardashians」に末っ子として登場しているのはもちろん、自身がプロデュースするコスメブランド「Kylie Cosmetics」をはじめ、ゲームやアプリ、アパレルまで手掛け、商才は確か。気になる年収は、4100万ドル(約45億円)! 見事59位に輝いた。

カイリー自身も驚きのコメントをTwitterに投稿!

カーダシアン家といえば、気になるのがキム・カーダシアン。年収は4550万ドル(約49億円)で堂々47位にランクイン!

そして、トップに輝いたのは"Diddy"ことショーン・コムズ!

Let's fly

A post shared by Diddy (@diddy) on

ディアジオ社のウォッカブランド「Ciroc」とのパートナー契約、自身プロデュースのアパレルライン「Sean John」や、自身がヘッドライナーを務める北米ミュージックツアー「Bad Boy Family Union Tour」などの収益により、年収はなんと1億3000万ドル(約143億円)!! もはや想像できない金額…。

続いて、2位は歌姫ビヨンセ。

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on

アルバム「Lemonade」の発売や「Formation」ワールドツアーで大成功した彼女は、年収1億500ドル(約115億円)を稼ぎ、自身のキャリア史上、2番目に高い記録をマークしたのだとか。

ちなみに100人の収入総計はというと、なんと51億5000ドル(約5560億円)。世界規模で活躍するセレブたち、さすがです!