学生の窓口編集部

写真拡大 (全17枚)

ファッション、食、ライフスタイルの最先端の地、フランス・パリ。一生に一度はセーヌ川の河岸でパリジャン気分を味わいたいものですね。世界遺産に美術館、大聖堂……ストリートと文化歴史が交錯する街を訪れてみませんか? 今回は、パリのおすすめ観光地とともに、最新情報をお伝えします。




■パリの治安

フランス、特にパリ市内ではこのところ銃撃事件や大統領選挙を狙ったテロ計画などが発生し、引き続き警戒が必要です。特に、人が集まる場所がISILによるテロの標的になっていますので、海外旅行の際は、日程や滞在先、連絡先を家族と職場に伝えて出発しましょう。長期滞在(3か月以上)の方は緊急事態に備え、大使館に在留届を提出して下さい。

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

過去には2015年に新聞社襲撃、ユダヤ系スーパーの武装立てこもり事件、劇場・レストラン・カフェでの連続テロ事件、2016年にはニースでのトラック突入事件、ルーアン市近郊での教会襲撃などが立て続けに起こっています。

■パリと日本の時差・気候

日本との時差は、サマータイム中はマイナス7時間、冬時間はマイナス8時間で日本の方が進んでいます。気候は乾燥性気候、気温は冬も氷点下になることはなく、夏も25度位で穏やかです。東京に近い四季があり、比較的快適な気候の都市と言えるでしょう。

■パリまでの飛行時間

日本からパリまでは直行便で約12時間。航空会社はエールフランス、日本航空、全日空が直行便運航しているため、値段や出発時間、好みで3社から選ぶことができます。パリだけでもゆっくり時間をかけて旅行を楽しめるでしょう。

ヨーロッパ旅行は見どころが多く、会社勤務をしていると何度も旅行に出かけることはむずかしくなるため2都市以上の滞在が人気となっています。空路の他、鉄道による陸路移動も可能ですので自分のスタイルに合う旅行をおすすめします。

■パリまでの旅費

パリ1都市滞在での最安値ツアーは、アブダビ経由やドーハ経由など中東系エアライン(カタール航空、エティハド航空、エミレーツ航空等)の乗継ぎフリープランが安価でしょう。ただし、飛行時間が長くなるため2泊5日などスケジュールがタイトになりますが、料金は7万円台〜販売されていますので、料金重視の方にはおすすめのプランです。

直行便は、エールフランス指定3泊5日で9万円台〜、4泊6日で10万円台からあります。しかし、ホテルランクがスタンダード以下のエコノミークラス指定が多いので、最寄駅から遠い、古い、サービス面での満足度が低いなどちょっと難ありの場合もあります。予約時に利用者の口コミやホテルサービスなどを調べて予約しましょう。

■パリの言語

公用語はフランス語です。フランス人はフランス語に誇りを持っているためか、フランス語しか話さない場合が多いです。街中でも英語表記はあまり見かけません。そのため簡単な挨拶フレーズや感謝の気持ちなどを表すフランス語は覚えていく必要があります。

こんにちは(ボンジュール)、こんばんは(ボンソワール)、ありがとう(メルシ、メルシボクー)、はい(ウィ)、いいえ(ノン)などはきちんと応対できるようにしておきましょう。

■パリ観光の際のそのほかの注意点

フランスはユーロ通貨ですので、両替は日本でしていきましょう。ショッピングでは店によって異なりますが12〜18.6%の免税が適用されます。買い物の際はパスポートを提示して、お店で免税書類を作ってもらいましょう。(※手続きは空港で行ってください)

続いては、いよいよパリのおすすめ観光地を20スポットご紹介します。

パリのおすすめ観光地1.ルーブル美術館

映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台となり、世界最大級、そして最も人気のある美術館であるルーブル美術館。「モナリザ」をはじめ、展示されている美術品のすばらしさ、そして建築物の壮大さは、それ自体がアート、芸術作品のようです。元が宮殿だったと聞けばきっと納得するでしょう。

展示室は一度入ると出入りが自由なので、一息つきたくなったときには、館内のお洒落なカフェなどで休憩しながら贅沢な1日を過ごすのもいいですね。

クラッシックな美術館の建物と対比するように、中庭にあるガラスのピラミッドはかなり近代的な建物。1つの点から大空に広がるガラスは、太陽の光を吸収してきらめくその様子にきっと心打たれること間違いなし。このピラミッドに使われているガラスの枚数にまつわる都市伝説(サタンと関連する「獣の数字」と同じ666枚)が生まれたこともその神秘性からなのでしょうね。

また、行くたびに新しい作品に出会い、自分のお気に入りが増えていくのもルーブル美術館ならではないでしょうか。ただ、人気作品の周辺では、多くの観光客に紛れ、スリが横行しているので注意が必要です。

パリのおすすめ観光地2.エッフェル塔

1991年に世界遺産に登録されたエッフェル塔は、地上から高さ別に3カ所の展望台が設置され、約276メートルの第2展望台までは階段を使って上ることができます。2014年のリニューアルでは、第1展望台の真ん中にはガラス床が作られ、ガラスの遊歩道ではスリル満点の空中散歩気分が味わえます。勇気のある人は、ガラス越しの街の景色を思い出にプラスしてみてはどうでしょうか。高いところが苦手な人は、セキュリティチェックを受けた後、塔の下に入り、骨組みの影とさまざまに切り取られたパリの青空を見たり、お友達のお土産にトリコロールカラーに着がえたエッフェル塔などのアクセサリー探しをしたりすることがおすすめです。

エッフェル塔では、日没時間に合わせて深夜24時まで毎晩ライトアップがされています。「ダイヤモンド・フラッシュ」と言われるジュエルのように煌めく特別ライトアップも行われているので、お見逃しなく!(ライトアップは日没後1時間に1回ですが要時間確認、季節毎に開始時間変更あり。)

パリのおすすめ観光地3.凱旋門

パリのランドマーク的な存在の凱旋門ですが、壮大な姿を外からカメラにおさめるだけではなく、らせん階段で一番高いとこからパリ市内を見渡すことができることができます。(エレベーター有)凱旋門の周りは車が通る円形の道路になっているので、真下までは地下道を通っていきます。

シャンゼリゼ通りから見る堂々としたシンボリックな姿も素敵ですが、近くで見ると、その彫刻の美しさにまた別な魅力を見つけることができるでしょう。
ナポレオン・ボナパルトの命により1806年に建設が始まり1836年に完成した凱旋門ですが、彼がこの門をくぐることができたのは、1840年にパリに改葬されるときだったそうです。

毎年パリでは大晦日に凱旋門でカウントダウンのイルミネーションと花火が打ち上げられます。日本の花火とは違った、ダイナミックで華やかな花火を見ながら、世界中から集まった人たちと年越しを楽しむのも素敵ですね。

パリのおすすめ観光地4.ノートルダム大聖堂

大聖堂の中に入って目を奪われるのが、見上げてもまだ足りない高い天井とバラ窓のステンドグラス。円形のステンドグラスで飾られた大窓は全部で3つあります。繊細で鮮やかな作品から差し込む陽の光に向かい、自然と祈りを捧げてしまう人は少なくありません。

塔の上に上るためには387段のらせん階段を上っていくことになります。一度に上り下りする人数には制限がありますが、上ってしまえば下りる時間は自由。映画「ノールダムの鐘」の鐘衝き男、カジモドが見たパリの風景と風がそこにあるでしょう。

大聖堂の前の石畳にあるパリの起点となる「ポイントゼロ」で踵を中心に体を一回りさせると、またパリに戻ってくることができると言われています。もう一度パリに……と思っている人はぜひ試してみてください。

パリのおすすめ観光地5.シャンゼリゼ大通り

コンコルド広場から凱旋門までの間を結ぶ、全長約3km、幅約70mのプラタナスとマロニエの並木道がシャンゼリゼ大通りです。パリを訪れる人であれば、一度は足を運ぶ華やかな通りでしょう。通りにはブランドやブティック(本店)や、思わず足を止めて立ち寄りたくなるかわいいカフェやレストランなどが立ち並んでいます。日本人が経営しているカフェもありますので探してみるのもいいでしょう。

大通りには、観光客だけでなく地元の人も行き交います。パリのブティックなどは、営業時間が不規則で、定休日や夜の営業時間が7時までというところが多いのですが、シャンゼリゼ大通りだけはきちんと時間が決まっているのが、パリっ子も多く集まる秘密かもしれませんね。
また、自転車レース「ツール・ド・フランス」の最終ステージのコース、ゴールとして使用されているのも、ここシャンゼリゼ大通りです。

パリのおすすめ観光地6.セーヌ河岸

パリの中心を流れるセーヌ川の川岸のうち、シェリー橋からイエナ橋までの約8kmの範囲が1991年にユネスコ世界文化遺産のひとつです。セーヌ河岸には、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔などパリを代表する建築物も多く、古典的な建物と朝日や夕日に輝くセーヌ川が1つになった風景を見ることで、パリに来た、と実感する人も多いのではないのでしょうか。

川沿いには遊歩道が整備されているので、買い物の合間の散策などにぴったりです。天気がいい日は、日光浴に訪れているフランス人も多いのでさらにおしゃれに、スタイリッシュな場所に感じられますよ。

セーヌ川にはたくさんの橋が架けられ、その中のビル・アケム橋は、2階建ての構造になっており、1階は歩行者と車、2階はメトロ6号線が通っています。この橋の展望台からのエッフェル塔の眺めは素晴らしく、結婚式の記念写真のスポットとしても人気です。

パリのおすすめ観光地7.シテ島

セーヌ川の中州の島で、パリ発祥の地とも言われ、ノートルダム大聖堂やサント・シャペルなどの人気スポットがあることでも知られています。メトロ4号線も通っているので、いつの間にか川の中州に着いていますよ。

シテ島近くのセーヌ川沿いにはブキニスト(古本市)があり、ゆっくりと古本を見ながら散歩を楽しんでいる人の姿が多く見られます。お洒落な本の表紙を見ながら歩くのも楽しいでしょう。また、メトロのシテ駅では、毎日花市が、日曜日には同じ場所で小鳥市が開催され、家族連れなどで賑わっています。シテ島観光では、中世の美しい風景をゆっくりと時間を気にせず楽しむことをおすすめします。

パリのおすすめ観光地8.サン・ルイ島

※写真はイメージです

セーヌ川に浮かぶサン・ルイ島は、パリジャンヌが一度は住みたいと思う憧れの街。また、「アイスクリーム島」と呼ばれ、観光客がこぞってアイスを求める姿が見られます。

人気のアイスクリーム店「ベルティヨン」も、ここサン・ルイ島に本店があり、夏になると多くの観光客が長蛇の列を作ります。老舗ならではの上品な味を楽しみながら、セーヌ川沿いを散策してはどうでしょうか。

小さなサン・ルイ島の中心を通るサン・ルイ・アン・リル通りは、島唯一の大通り。通りの両側には、昔ながらのお総菜屋さんやパン屋さん、観光客向けのお土産屋さんが立ち並んでいます。パリの喧騒から離れたくなったら、ぜひ、サン・ルイ島に足を運んでみてください。高級住宅地の生活を感じられますよ。

パリのおすすめ観光地9.奇跡のメダイユ教会

大切なお友達や家族へのお土産に迷ったら、メダイユ教会の「奇跡のメダイユ」はいかがでしょうか。メダイユとはフランス語でメダルのこと。この奇跡のメダイユを求めて世界中から多くの観光客が、特におしゃれ女子が集まってきているのです。

1830年、修道女カタリナ・ラブレが、マリア様から心を込めて人々のためにメダルをつくるようお告げを受け、パリでコレラが流行したときに、その作ったメダルを人々に配ったところ、コレラが終息したという言い伝えがあります。その後、このメダルを手にした人に奇跡が起こる、幸せになれるということで「奇跡のメダイユ」が世界中に広まったそうです。

女性ならチェーンを通してペンダントトップやアンクレットに、男性はお守りとしてお財布に入れている人が多いようです。メダルの販売時間は曜日によって異なるので、事前の確認をお忘れなく。

パリのおすすめ観光地10.ラデュレ(シャンゼリゼ店)


※写真はイメージです

日本では色鮮やかなマカロンで有名なラデュレですが、シャンゼリゼ店ではオリジナルブレンドの紅茶やパンなどの食事も楽しむことができます。パンと合わせるドリンクとして人気なのが、口にしたとたん、体中がチョコレートに包まれるようなショコラ・ショー(ホットチョコレート)。フレンチトーストなども1人分の量が大きいので、いくつか違う種類のフレンチトーストを注文し、みんなでシェアするのがおすすめです。

可愛いもの好きな女子は、店内で使われているお皿やテイクアウト用の箱や袋にうっとりするはず。人気のもっちりマカロンは、1個からテイクアウトすることができるので、20種類以上のマカロンの中から選ぶのも楽しいですね。

パリのおすすめ観光地11.アンジェリーナ(パリ本店)

※写真はイメージです

洋菓子モンブランの聖地を知っていますか? イタリアの家庭菓子を原型にして生まれたのが、アンジェリーナのモンブランだと言われています。チュイルリー公園近くにあるアンジェリーナ本店には、世界中のアンジェリーナのファンを虜にしているパリ本店の濃厚な栗のクリームが乗ったモンブランをぜひ! 通い慣れているパリジェンヌに人気なのが「香草のオムレツ」。お腹に余裕があるときは、ぜひお試しあれ♪

店内は多くの観光客で賑わい、時間帯によっては行列もできるため、ゆっくりとティータイムというより、あのココ・シャネルが毎日通ったと言われているゴージャス感を味わってみるのはどうでしょう。

パリのおすすめ観光地12.カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

※写真はイメージです

映画「アメリ」でアメリが働いていたカフェです。カフェが実在するだけでなく、なんとあのクリームブリュレも人気メニューとして食べることができるという、アメリのファンならぜひ訪れたいおすすめ観光スポット。飲み物とブリュレのセットは「アメリ・セット」としてメニューにも載っています。アメリの真似をして、カラメルのカリカリの焼き目をコツコツ割って、下のカスタードを混ざり合った苦くて甘い、絶妙な味を楽しんでみてください。

モンマルトの丘を登る前の腹ごしらえや、帰り道にちょっと休むのにぴったりなカフェは、お洒落なお店が多いパリの中で気楽に楽しむことができるお店です。

パリのおすすめ観光地13.ラ・グランド・エピスリード・パリ(ル・ボン・マルシェ食品館)

※写真はイメージです

欲しいものがあったらル・ボン・マルシェへ! というぐらい、豊富な品揃えのお店です。日本のデパートのような感じで、買い物がしやすいサイズの店内は、配列の美しさも人気の秘密。目当てのものがない場合でも、何時間でも店内を散策したくなる空間になっています。数カ所のイートインコーナーもあるので、作り立てのお総菜や有名店のスウィーツなどをその場で味わうことも可能です。
日本人観光客には、料理好きには欠かせない南フランスやブルターニュ半島の「自然海塩」なども人気があるそうです。

パリのおすすめ観光地14.ギャラリーヴィヴィエンヌ

パリのパサージュといえば、一番に挙がるのがギャラリーヴィヴィエンヌではないでしょうか。パサージュとは、アーケード街のことですが、パリには魅力的で個性にあふれたパサージュが10数カ所あると言われています。

きれいな色で形作られたタイル張りの床や壁の凝った彫刻、パリで最も美しいパサージュと言われる回廊をじっくりと時間をかけて見て歩きたいですね。英国風サロン・ド・テなどでは、ランチに野菜をたっぷり使ったワンプレートのヘルシー料理などが楽しめます。また、何代も続いているジュソーム書店では、歴史を感じさせる本やお土産用のポストカードなどが並び、観光客の目を楽しませてくれるでしょう。

パリのおすすめ観光地15.リュクサンブール公園

※写真はイメージです

カフェのテラス席の人気からもわるように、パリの人々は太陽の光が大好きです。そのため市内中には、その昔、貴族の狩猟地だった公園や巨大な温室を備えた公園など、数多くの公園があります。リュクサンプール宮殿の前に広がるリュクサンプール公園は、ノートルダム大聖堂など人気スポットからの徒歩圏内にあり、ただ、歩いているだけでもパリにいることを実感できる公園ではないでしょうか。

パリ随一の広さと景観を誇る園内は花畑などもきれいに整備され、市内で多く見られる物売りなどの姿も見られません。水辺ではスケッチをする人、園内をジョギングするランナーなど、パリの人たちの日常が垣間見られる公園でもあります。
ただ、カフェのテラス同様、公園のベンチも大人気のため、いつも満席になっていることが多いようです。

パリのおすすめ観光地16.ユニクロ(マレ店)

※写真はイメージです

歴史を感じる建物の中に見覚えのある看板が! 日本が誇るファッションブランド「ユニクロ」が、お洒落な町、パリのマレ地区に堂々と店を構えているではありませんか。パリ発の「Uniqlo U」の新作などを買い求めるのもよし、日本とは違った店員さん一押しのコーデなどをチェックして歩くのも楽しいでしょう。

また、マレ店がある建物は、元もと金銀鋳造工場だったのでその当時の工場名が建物の入り口にそのまま残っていたり、地下の売り場には、昔、工場で使っていた道具などが展示されていたりと、隠れた人気スポットになっています。

週末は、地元パリっ子達も買い物を楽しむ店内は激混みです、海外での「Kawaii」人気を実感することができます。ゆっくり店内を見て周りたいときは、平日のオープン直後などに訪れるのがおすすめです。

パリのおすすめ観光地17.グランパレ

凱旋門からシャンゼリゼ大通りを歩いていくと、右側に建っている重厚な神殿とガラスのドームがグランパレです。パリコレの開催などでも有名ですが、その中にある国立グラン・バレ美術館は、ピカソやモネなど、超有名芸術家の展示会などが開催され、訪れる人をいつも楽しませてくれています。チケット売り場には、いつも多くの人が並んでいますので、お目当ての展覧会があるときは、事前にチケットを購入しておくのがおすすめ。

もし、展覧会の後などにちょっと一息と思ったときは、向かいにあるプティ・パレにあるカフェもチェックしましょう。グランパレほどの人込みはなく、美しい中庭を見ながらのティータイムはいかがでしょうか。庭園やカフェは入場無料です。

パリのおすすめ観光地18.オルセー美術館

ゴッホの「自画像」、ゴーギャンの「タヒチの女」、ミレーの「晩鐘」など、印象派の画家の名作が数多く収蔵されている19世紀美術専門の美術館です。もともとは、1900年のパリ万国博覧会で使われたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルだった歴史があり、美術館の中央ホールは地下ホームの吹き抜け構造をそのまま活用しています。駅舎時代の面影を探すものレアな楽しみ方ではないでしょうか。

現在、オルセー美術館のシンボルとなっている大時計台は、駅舎時代の名残を感じさせてくれるだけでなく、裏側のランチもできるカフェは、お洒落なパリジェンヌの密かな人気スポットにもなっていますよ。

パリのおすすめ観光地19.サント・シャペル

シテ島のパリ司法宮に隣接しているトンガリ屋根が見えたら、それが世界一美しいステンドグラスの聖堂と言われている、サント・シャペルです。訪れた人の多くが「これ以上のステンドグラスは、もう一生見られない」と思うほどの力を持つサント・シャペルのステントグラス。天候や時間によって光り方が変化するステンドガラス一枚一枚には聖書に由来する場面が描かれており、歴史の絵巻物のようです。祭壇を優しく包み込むように光り輝く桃色のステンドグラスは、神がかった空間で感動すら覚えます。

不定期ではありますが、日が沈んだ夕刻から、この教会でピアノやオルガンのコンサートが開催されます。偶然にもその機会に恵まれた人はその幸運を逃さず、幻想的な世界が広がる教会での音の調べに耳を傾けてはどうでしょう。

パリのおすすめ観光地20.ローラーン・ギャロス競技場

※写真はイメージです

テニスの4大国際大会(グランドスラム)の1つ、全仏オープンが開催されるのが、パリ16区のポルト・ドートゥイユにあるローラーン・ギャロス競技場です。4大大会では唯一、クレーコートを利用するため赤土の聖地とも言われています。テニスにあまり興味のない人でも、日本人最強の男、プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が鮮やかな赤のテニスコートで白熱した試合をする姿を目にしたことがあるのではないでしょうか。

毎年5月末から6月初めに開催され、試合が開催されている時期は、最寄りの駅から人の流れに乗って歩けば迷わずに到着するでしょう。有名選手の試合はもちろんですが、3日間の予選で繰り広げられる高レベルの選手たちの試合でも十分に満足できるでしょう。

寒暖の差が激しいので、薄手のジャケット、そして紫外線防止対策の帽子やサングラスは持っていたほうが安心です。

パリのおすすめ観光地を最新情報とともにご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。パリはやはり一生に一度は行ってみたい観光都市の1つ。せっかく旅行に行くのではあれば、しっかり事前調査をして最高の旅にしましょう。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。