画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は6月16日に、Bluetoothを搭載したストップウオッチ「HSB-100W-1JH」を発売する。BluetoothでiPhoneと接続して、iPhone用アプリ「CASIO StopWatch+」を使うことで、HSB-100W-1JHで計測した各種タイムの管理などが可能。iOS 8以降に対応し、発表時点ではiPhoneのみ対応となっている。税別価格は8,000円。

HSB-100W-1JHとiPhoneで可能なのは、HSB-100W-1JHで計測したラップタイムなどをiPhone(CASIO StopWatch+)へワイヤレス転送したり、プレイヤーの登録、ペースセットといった内容だ。プレイヤーは競技者を名前と写真で登録し、個人別にタイムデータを一覧管理できる。ペースセットは、CASIO StopWatch+アプリで設定した時間の感覚で、HSB-100W-1JHから音を鳴らす機能だ。

また、計測したタイムをCSVデータとしてメール送信することも可能。CSVデータは、パソコンの表計算ソフトで読み込んで活用できる。HSB-100W-1JHの本体サイズはW64×D23×H83mm、重量は90g。主な仕様は以下の通り。

ケース材質 : 樹脂

5気圧防水

ストップウオッチ(1/100秒計測、10時間計(通常計測、ラップ・スプリット計測))

ラップ・スプリットを最大750本メモリ

タイマー : セット単位1秒、最大セット9時間59分59秒

ペース : 1分間あたりのカウントを設定(セット範囲5〜240カウント、5〜120までは5刻み、それ以降は150、180、240)

ピッチ : 1分間あたりのピッチ数を計測(測定範囲10〜180ピッチ、最大250本メモリ)

電子音アラーム

時刻・カレンダー表示

フルオートカレンダー

12/24時間制表示切替

操作音ON/OFF切替機能

時間精度(ストップウオッチ) : 99.9988%(常温)

モバイルリンク機能(iPhone)

電池寿命 : 約2年