ジェームズ・キャメロン監督

写真拡大

最先端の3D技術で蘇り、今夏8月11日より全国公開されることが発表されている『ターミネーター2 3D』。そうした中、本作の生みの親で監督・脚本を手がけるジェームズ・キャメロン監督が今年のベルリン映画祭で非常に興味深い発言をした。

[動画]今見てもスゴイ! 最先端の3D技術で蘇る『ターミネーター2 3D』予告編

観客との質疑応答でキャメロン監督は、「今回、この作品を選んだきっかけは?」という質問に「現代は監視社会でドローンの問題もあるし、人工知能に対する恐怖も高まっていると思う。今の時代にも合う内容だ」と答えた。さらに「3D化についてはシュワルツェネッガーにも相談したか?」という質問には、「3Dになった映像を見て喜んでいたよ。初めて見る作品のように感じたようだ。彼も私もこの作品をずっと見ていなくて、数年ぶりに見たから新鮮だった」と回答。

また「2019年は『ターミネーター』第1作目誕生から35年目となりますが、新作を監督する予定は?」と聞かれ、「今後『アバター』の新作が4本続くんだ。脚本が完成し現在は撮影の準備段階なので、今は無理だね」と言った後、「だが、新『ターミネーター』の企画に関わることは可能だと思うよ」と発言した。

続いて「では、『アバター』4本の後、2029年に監督するのは?」とアイデアを出されると、「そうだね。ちょうどいい年だ。杖をついて、酸素ボンベを吸いながら『アクション!』と叫ぶよ」と答え、会場を沸かせたのだ。

2029年と言えば、スカイネットの脅威と成り得た人類抵抗軍を指揮するジョン・コナーの存在を事前に抹消するべく、T-800を1984年に送った年。現在、人工知能やロボット技術は驚異的な進化を遂げているが、はたして12年後の2029年にはターミネーターのようなアンドロイドは存在するのか? そして、74歳になったキャメロン監督が、杖をつきながら「アクション!」とメガホンをとり、新『ターミネーター』を監督しているのか? 何だか夢が広がるトークとなった。

『ターミネーター2 3D』は8月11日より全国公開となる。