『東京喰種 トーキョーグール』ティザーポスター (C) 2017「東京喰種」製作委員会

写真拡大

世界累計3000万冊の発行部数を誇る人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』。この映画の公開を前に、RADWIMPS野田洋次郎のソロプロジェクト「illion(イリオン)」による主題歌「BANKA」をフィーチャーした、『東京喰種 トーキョーグール』特別予告が解禁となった。

[動画]「illion」による主題歌「BANKA」入り『東京喰種 トーキョーグール』特別予告

解禁となった映像は、「食物連鎖の頂点とされるヒトを、“食糧”として狩るものたちが存在する。人はそれを喰種(グール)と呼ぶ」というテロップとともにスタート。「本物の喰種、初めて見た?」というリゼ(蒼井優)の印象的なセリフとともに、赫子(かぐね)とよばれる触手のような捕食機関が腰から生え、人間から喰種となってしまった主人公・カネキ(窪田正孝)の姿や、クインケと呼ばれる喰種対策用の武器を振りかざす亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)の姿など、今までベールに包まれていた喰種と、それに対抗する人間の姿が映し出されている。

また、人間の敵であるとされる喰種にも家族や友人がおり、普通の生活があることも垣間見せることで、「人間と喰種、2つの世界に居場所を持てるただ1人の存在」であるカネキの葛藤も描かれている。

さらに注目なのが、野田のソロプロジェクト「illion」による主題歌「BANKA」の音源が解禁されていること。illionが映画主題歌を手がけるのは本作が初。映画にインスパイアされ書き下ろされた楽曲の主人公の心情に寄り添う歌詞と、はかなくも美しい旋律が、映像の持つどこか悲しい美しさを盛り上げる。

本主題歌についてillionは「作品全体から、原作の石田先生やファンの方たちへのリスペクトが溢れていました。『やり切る、届ける』という覚悟のような想いとともに主題歌提供のお話を頂き、自分もこの映画のスタッフ、キャストの皆さんの熱量に追いつきたいと思いながら曲作りをしていきました。スクリーンの中でもがくすべての登場人物たちの未来に、わずかでも光がありますようにと願いながら。映画『東京喰種 トーキョーグール』に参加させて頂き、光栄に思います」とのコメントを寄せている。

解禁となった本映像は6月17日より新宿ピカデリーを皮切りに全国の劇場で上映。映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開となる。