『映画ドラえもん のび太の宝島』ドラえもんが大海原を駆け巡る冒険物語、主題歌・挿入歌は星野源

写真拡大

ドラえもんの映画シリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』が、2018年3月3日(土)に公開される。

新たな舞台は“宝島”

1980年に第1作目が誕生し、『映画ドラえもん のび太の宝島』でシリーズ38作品目を迎える。前作『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』に続き、舞台は大自然。ただ、寒い南極とは異なり、光り輝く大海やどこまでも広がる青い空、白い雲が印象的な”宝島”が舞台となる。

ドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫、人気のキャラクターたちが、満ち溢れた笑顔で登場する先には、海賊船ともとれる大きな船の姿が。ここから大海原を駆け巡る大冒険が始まるのだろうか…。

監督は今井一暁、脚本は『君の名は』の映画プロデューサー川村元気。

シリーズで初めてメガホンをとる今井一暁。脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』などの映画プロデューサー川村元気。河村は「世界から猫が消えたなら」「四月になれば彼女は」などを生み出した、小説家としても知られている。

『映画ドラえもん』シリーズに加わることで、川村は「21世紀の子どもたち、そしてかつて子どもだった大人たちへ、新しくも王道のドラえもんを届けたいと思いました。そこでモチーフとしたのが「宝島」でした。ずっと読み継がれ、語り継がれてきた冒険物語をドラえもんの世界で描く。そして太平洋に誕生した「新しい島」のニュースがそれに結びついた時に、ひとつの物語が浮かびました。」とコメント。藤子・F・不二雄を一番尊敬している人物だと話す川村は、『君の名は。』製作時にも藤子・F・不二雄の世界観を指標としていたそうだ。

主題歌・挿入歌は星野源が書き下ろし

主題歌・挿入歌は、自身も以前からドラえもんファンだという星野源が担当する。38年続く「映画ドラえもん」シリーズの歴史の中で、同一アーティストが2曲書き下ろすのはシリーズ史上初。まだ主題歌の詳細は明らかとなっていないが、挿入歌となる新曲「ここにいないあなたへ」は心温まるバラードとなっているようだ。

楽曲を提供するにあたり、星野は「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います。今回の新作映画『のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不二雄先生に向けて主題歌・挿入歌を書かせていただきました。ファンとしても公開の日を楽しみにしております。」と述べている。なお、特報では楽曲の一部が流れている。

ストーリー

「宝島を見つける!」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探すことに。地図が指し示した場所は、なんと太平洋上に突然現れた新しい島だった・・・。
ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちは、あと少しで島に上陸というところで海賊たちから襲われる!急にあらわれた敵に立ち向かうのび太たちだったが、戦いのドタバタの中でしずかが海賊船にさらわれてしまう。海賊に逃げられた後、のび太たちは海に漂う一人の少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会う。フロックは海賊船から逃げ出したメカニックで宝島の重要な秘密を知っていた!はたしてのび太たちは海賊からしずかを助けることができるのか!?そして宝島に眠る財宝に隠された秘密とは一体!?

【作品概要】
「映画ドラえもん のび太の宝島」
公開時期:2018年3月3日(土)
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
CAST:ドラえもん:水田わさび、のび太:大原めぐみ、しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴、スネ夫:関智一
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018


[写真付きで読む]『映画ドラえもん のび太の宝島』ドラえもんが大海原を駆け巡る冒険物語、主題歌・挿入歌は星野源

外部サイト

  • 漫画『ULTRAMAN』監督・神山健治×荒牧伸志でフルCGアニメ映画化
  • 映画『ママレード・ボーイ』集英社「りぼん」の人気コミック実写化、桜井日奈子&吉沢亮W主演
  • 映画『リバーズ・エッジ』主演・二階堂ふみで岡崎京子の青春漫画を実写化 - 若者の生と欲望を鮮烈に描く