『映画ドラえもん のび太の宝島』18年3月公開決定、ドラえもんが大海原を駆け巡る冒険物語

写真拡大

『映画ドラえもん』シリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』が、2018年3月に公開決定。

1980年に第1作目が誕生し、『映画ドラえもん のび太の宝島』でシリーズ38作品目を迎える。前作『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』に続き、舞台は大自然。ただ、寒い南極とは異なり、光り輝く大海やどこまでも広がる青い空、白い雲が印象的な”宝島”が舞台となる。

ドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫、人気のキャラクターたちが、満ち溢れた笑顔で登場する先には、海賊船ともとれる大きな船の姿が。ここから大海原を駆け巡る大冒険が始まるのだろうか…。

監督は、映画シリーズの監督を初めて務める今井一暁。脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』などの映画プロデューサー川村元気。河村は「世界から猫が消えたなら」「四月になれば彼女は」などを生み出した、小説家としても知られている。

『映画ドラえもん』シリーズに加わることで、川村は「21世紀の子どもたち、そしてかつて子どもだった大人たちへ、新しくも王道のドラえもんを届けたいと思いました。そこでモチーフとしたのが「宝島」でした。ずっと読み継がれ、語り継がれてきた冒険物語をドラえもんの世界で描く。そして太平洋に誕生した「新しい島」のニュースがそれに結びついた時に、ひとつの物語が浮かびました。」とコメント。藤子・F・不二雄を一番尊敬している人物だと話す川村は、『君の名は。』製作時にも藤子・F・不二雄の世界観を指標としていたという。

来春、ドラえもんたちがどんな冒険を繰り広げるのか。ドキドキワクワク、2018年3月の公開まで目が離せなくなりそうだ。

【作品概要】
「映画ドラえもん のび太の宝島」
公開時期:2018年3月公開
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
CAST:ドラえもん:水田わさび、のび太:大原めぐみ、しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴、スネ夫:関智一
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018


[写真付きで読む]『映画ドラえもん のび太の宝島』18年3月公開決定、ドラえもんが大海原を駆け巡る冒険物語

外部サイト

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』主演・山賢人で実写化、監督は三池崇史
  • 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾のベストセラー小説を実写化 - 山田涼介&西田敏行が共演
  • 映画『伊藤くん A to E』岡田将生&木村文乃主演、痛男を取り巻く4人の女性に佐々木希・夏帆ら