甲子園歴史館 VR映像第2弾「高校野球入場行進VR」イメージ

写真拡大 (全3枚)

 阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館は、4月4日から導入している「VR(バーチャルリアリティ)映像」の第2弾映像として「高校野球入場行進VR」の視聴体験を6月13日より開始する。映像時間は3分。甲子園歴史館の入館料のみで体験できる。

 甲子園歴史館では、4月4日より「甲子園ひろば」コーナーに設置した映像端末で「VR映像」の視聴を開始している。VR映像は、あらかじめカメラで撮影した360度の映像を専用の映像再生装置を装着することで、その場にいるような臨場感を体感できる映像技術。甲子園球場のさまざまな一面を来館者に体験してもらえるようVR映像を導入したという。

 第2弾となる「高校野球入場行進VR」では、選手目線でグラウンドを入場行進している映像や、グラウンドレベルから見た選手宣誓の映像など、臨場感溢れる映像で高校野球の代表校選手の疑似体験ができる。映像は、高校野球開会式のリハーサル時に360度カメラを駆使して撮影したものを使用している。

 VR映像の視聴料は甲子園歴史館の入場料に含まれている。第2弾の映像時間は3分。なお、第1弾のVR映像「甲子園空中散歩」(映像時間2分15秒)も引き続き視聴可能。今後も「プロ野球」にちなんだ映像などを追加予定だ。

◆甲子園歴史館「VR映像第2弾:高校野球入場行進VR」

日時:2017年6月13日(火)10:00〜

場所:甲子園歴史館「甲子園ひろば」コーナー

参加費:甲子園歴史館入館料に含まれる(別途料金不要)

タイトル:高校野球入場行進VR

端末台数:3台

映像時間:3分

利用方法:スタッフの案内により専用の映像再生端末をセットし視聴する

◆甲子園歴史館

営業時間:10:00〜18:00

(デーゲーム開催日は9:00〜18:00、11月〜2月は10:00〜17:00)

※入館は閉館時間の30分前まで

※催し物の開催などにより変更あり

休館日:月曜日(試合開催日、祝日を除く)、年末年始

※その他、館内メンテナンスなどによる閉館あり

入館料:大人600円、子ども(4歳〜中学生)300円

場所:阪神甲子園球場 外周16号門横 《リセマム 畑山望》