三浦文彰、イギリスデビュー

写真拡大

三浦文彰がロンドン現地時間の6月17日(土)、音楽界の殿堂 ウィグモアホールにて開催されるリサイタルシリーズでイギリスデビューを果たす。三浦文彰は、2009年に世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて史上最年少の16歳で優勝。2016年にNHK大河ドラマ『真田丸』のメインテーマを演奏し、年末の紅白歌合戦にも出演するなど、実力、人気ともに注目のヴァイオリニスト。今回ついにイギリスでもデビューすることになった。

なお、公演に先立ち6月16日(金)には、イギリス全土で放送されているラジオ人気番組『BBC Radio 3 In Tune』への生出演も決定。この放送は日本でも6月17日(土)午前2時より視聴が可能だ。国内では7月17日(月)に渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催される<スーパーソロイスツ>の第一回公演に登場。こちらではモーツァルト、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の弾き振りに挑戦する。

『BBC Radio 3 In Tune』
日本時間 6月17日(土)午前2時より
http://www.bbc.co.uk/programmes/b08t43v1