デート中よく揉めるのが「何食べるか問題」について。
これって空腹時は特にイライラするしできるものなら喧嘩回避したいですよね!
デート中の「何食べたい? 」への回答例5つをまとめてみました。

|揉める原因とは?





出典:Shutterstock.com

揉める本音は主に2つにわかれます。
1、正直なんでもいいタイプ。

特に食べたいものがないから「考えて」と言われても思い浮かばない。
2、相手に決めて欲しいけど気分じゃないものは嫌なタイプ。
相手任せだけど自分好みのものを提案して欲しいと思っている。

あなたはどっち派ですか?
どちらにもピッタリな回答例を見ていきましょう。♡

|彼と喧嘩にならない回答例5つ





出典:Shutterstock.com

 嶌は特に食べたいものがないから合わせるよ! 」

なんでもいい派の人は「なんでもいい」とそっけなく答えるだけじゃなく「今は特に食べたいものがないから合わせるよ」と気持ちを伝えると◎

これなら丸投げ感もでないですよね。
ただこれを言うなら彼が何を提案してきても否定するのはNG!
否定すると「結局なんでもよくないじゃん」と彼を怒らせることに。

◆嶇多が食べたいな」

ジャンルでざっくり答える。
和食といってもお寿司や定食屋さん、和風居酒屋など選べますよね。
気分に合わせてジャンルでざっくり答えるとその中から彼の好みを聞いて選べるので揉めません。
「和食でいいや」の言い方だと適当感が出てしまいます。
言い方にも気をつけてみてくださいね!

「ラーメンにしよう! 」

いっそ手っ取り早く決めて食事したい日は、彼の好物を答えてしまうのもアリ。
彼が反対しないものをチョイスすればお店がすぐに決まります。
お腹が減って仕方ないときや、すでにイライラし始めたときは彼に譲るのも◎

ぁ崔羃攬奮阿覆蕕覆鵑任發いい茵

どうしても嫌なものだけ避けて答える回答。
これなら絶対に今の自分の気分じゃないものは回避できちゃいます。
彼も自分の希望通りのものが食べられるから喧嘩にならないかも!

ァ屬い弔發療垢、通り沿いのカフェかどっちがいい? 」

彼任せにすると「焼肉」「ラーメン」「ピザ」などヘビーなものになる可能性が高いですよね。
ということは自分で2択を出して彼に決めてもらうのも手です。

「なんでもいい」と答えて食べたくないヘビーなものになるくらいなら自分で選択肢を持っておくといざというとき便利♡



出典:Shutterstock.com

これは覚えておくと便利ですよ。

つい相手任せにしがちですが、余計な喧嘩をなくすためにも大切なのは思いやりです。
空腹でイライラしないために用意しておくと便利な模範解答、ぜひ参考にしてみてくださいね!